お役立ち資料・コラム・レポート

お役立ち資料

新入社員・若手社員

【Growth Meeting2022年12月】新入社員育成、優しく指導すべき? or 厳しく指導すべき?

【Growth Meeting2022年12月】新入社員育成、優しく指導すべき? or 厳しく指導すべき?

本資料は、12月16日開催のGrowth Meetingの投影資料の一部を抜粋した資料となります。
 
「今どきの新入社員は、優しく指導しないと効果が得られない」 「新入社員には、やっぱり厳しく指導していく必要がある」 など、新入社員育成に取り組む中で、様々な意見や想いが生まれているのではないでしょうか?

—— 新入社員は、優しく指導すべきか?それとも、厳しく指導すべきか?

人事や育成担当者様からよくいただくこの問い。
今回のGrowth Meetingでは、「これからの新入社員育成」について、対話を通して深めていきました。
ダウンロード
新入社員育成の歴史と、これからの新入社員育成とは?

新入社員育成の歴史と、これからの新入社員育成とは?

新入社員育成の歴史を振り返ることで、これからの新入社員育成を考えていくための資料になります。
コロナ禍によって、ビジネスモデルの変化が起き、また働き方の変化も起きました。
価値観も変わる中で、今までのやり方に囚われると、新入社員育成は機能しません。
御社にとって、どのような新入社員育成が必要かを、考えるヒントになればうれしく思います。
ダウンロード
【セミナー資料】公開講座を上手に活用して、新入社員の自律促進とエンゲージメントを高める方法とは?

【セミナー資料】公開講座を上手に活用して、新入社員の自律促進とエンゲージメントを高める方法とは?

本内容は、2022年12月1日に開催されたセミナー『公開講座を上手に活用して、新入社員の自律促進とエンゲージメントを高める方法とは?』の投影資料です。
  
公開講座に関して、人事の方から「研修のカスタマイズができない」、「公開講座が、経験の浅い講師の練習の場になっており、品質が低い」、「自社の研修との連動が弱くなる」などのお話を聞きます。
本セミナーでは、品質の高い公開講座の見分け方から、公開講座の上手な使い方などを事例と共にお伝えしました。
ダウンロード

管理職・ファシリテーター

【セミナー資料】管理職を起点とした従業員エンゲージメントの育み方

【セミナー資料】管理職を起点とした従業員エンゲージメントの育み方~採用ミスマッチを解消し、社員のパフォーマンス最大化に向けて~

本内容は、2022年10月27日に開催された共催セミナー『管理職を起点とした従業員エンゲージメントの育み方 ~採用ミスマッチを解消し、社員のパフォーマンス最大化に向けて~』の投影資料です。
 
どんなに優秀で素晴らしい人材を採用できたとしても、入社後の従業員のエンゲージメントが低いままでは、 パフォーマンスが上がらず、成果に結びつかないだけでなく、退職リスクも高まってしまいます。

入社後に期待したパフォーマンスや成果を出し、中長期的に活躍してもらうためには、 従業員エンゲージメントの向上が不可欠になります。

本セミナーでは、管理職を起点として従業員エンゲージメント向上に繋げた事例をお伝えしながら、株式会社ROXX取締役 山田氏とパネルディスカッション形式で、採用ミスマッチ解消や社員のさらなる活躍に向けて、組織・人事として取り組めることを探求していきました。
ダウンロード
【アーティエンス株式会社】組織開発・組織変革_詳細資料

【アーティエンス株式会社】組織開発・組織変革_詳細資料

本内容は、アーティエンスの組織開発・組織変革の詳細資料です。ご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

 

人が集れば自然と組織が形成されるというわけではありません。集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

 

組織・チームを構築していく上での基本の考え​として、「ひとりでは成しえないこと」を​実践していくこと​が大切です。
ダウンロード
【セミナー資料】組織として「アンラーニング」とどう向き合うのか? ―事業開発と組織開発の観点で考える―

【セミナー資料】組織として「アンラーニング」とどう向き合うのか? ―事業開発と組織開発の観点で考える―

本内容は、2022年6月30日に開催された共催セミナー『組織として「アンラーニング」とどう向き合うのか?―事業開発と組織開発の観点で考える―』の投影資料です。

 

既存の価値観や行動パターンを手放し、新たな枠組みや習慣を取り入れる、アンラーニング。

 

変化の激しい昨今のビジネス環境においては、個人単位のみならず、組織単位でアンラーニングを実践して いかなければ、変化に適応していくことはもはや不可能となっています。

 

では、組織単位でアンラーニングを推進していくためには、 どのようなアプローチやサポートが鍵となってくるのでしょうか?

 

「新規事業開発」の支援を行っている株式会社アイディアポイント 代表取締役岩田徹氏をお招きし、事業開発・組織開発の観点から「組織として向き合うアンラーニング」について、パネルディスカッション形式で探求していきました。
ダウンロード

その他

【アーティエンス株式会社】組織開発・組織変革_詳細資料

【アーティエンス株式会社】組織開発・組織変革_詳細資料

本内容は、アーティエンスの組織開発・組織変革の詳細資料です。ご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

 

人が集れば自然と組織が形成されるというわけではありません。集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

 

組織・チームを構築していく上での基本の考え​として、「ひとりでは成しえないこと」を​実践していくこと​が大切です。
ダウンロード
【セミナー資料】組織として「アンラーニング」とどう向き合うのか? ―事業開発と組織開発の観点で考える―

【セミナー資料】組織として「アンラーニング」とどう向き合うのか? ―事業開発と組織開発の観点で考える―

本内容は、2022年6月30日に開催された共催セミナー『組織として「アンラーニング」とどう向き合うのか?―事業開発と組織開発の観点で考える―』の投影資料です。

 

既存の価値観や行動パターンを手放し、新たな枠組みや習慣を取り入れる、アンラーニング。

 

変化の激しい昨今のビジネス環境においては、個人単位のみならず、組織単位でアンラーニングを実践して いかなければ、変化に適応していくことはもはや不可能となっています。

 

では、組織単位でアンラーニングを推進していくためには、 どのようなアプローチやサポートが鍵となってくるのでしょうか?

 

「新規事業開発」の支援を行っている株式会社アイディアポイント 代表取締役岩田徹氏をお招きし、事業開発・組織開発の観点から「組織として向き合うアンラーニング」について、パネルディスカッション形式で探求していきました。
ダウンロード
当事者意識・主体性を解放する研修企画できていますか? ─講師・ファシリテーターが関われること─ 対話で育む「私たちの人材開発・組織開発」

当事者意識・主体性を解放する研修企画できていますか? ─講師・ファシリテーターが関われること─ 対話で育む「私たちの人材開発・組織開発」

本資料は、当社勉強会 ”対話で育む「私たちの人材開発・組織開発」” の6月の内容(当事者意識・主体性を解放する研修企画できていますか? ─講師・ファシリテーターが関われること─)の、投影資料になります。

  

「当事者意識を持ちなさい!」、「主体性を発揮しなさい!」と伝えたところで、人は変わりません。 では、人が当事者意識・主体性を持ち、それらを発揮していくには、どのような取り組みが必要となるのでしょうか?

  

この問いに関して、参加者の方々と対話を深めながら、自組織にあった施策を探求していきました。 ご興味をお持ちの方はぜひダウンロードください。
ダウンロード

コラム

コラム一覧を見る