メンバー(講師)紹介

迫間 智彦

"人々がポジティブな影響を与えあう" 相互作用の場創りを行いたい

代表取締役/ファシリテーター

迫間 智彦(ハザマ トモヒコ)

実績(敬称略)

  • ・オムロングループ
  • ・キヤノングループ
  • ・株式会社システムインテグレータ
  • ・住友生命保険相互会社
  • ・日新化工株式会社
  • ・株式会社ワンコンパス など多数

プロフィール

2010年にアーティエンス(株)を設立。「学習する組織」や「シェアドリーダーシップ」の哲学・方法論をベースに顧客との共創・協働を大切にしている。自身も組織変革ファシリテーターとして従事。顧客の未来を考えて、今必要なものを共に探求し、実践することをポリシーとして持っている。

メッセージ

withコロナ で、世の中は大きく変わり、いまだに先行きが見えない状況です。人の価値観・働き方にも変化が起き、ビジネスモデルが変わった会社も多くあると思います。VUCAが加速しています。コロナ禍をただ悲観的に捉えるのではなく、組織や社員が変われるチャンスとして捉えて、未来を切り拓く方が増えてほしいという想いでいます。

時代の変化が激しく正解のない今、簡単に「いい・悪い」で判断するのではなく、お客様と共に探求していきます。お客様との対話を大切にし、人材開発・組織開発を進めていきます。

担当コラム・レポート

with コロナを組織変革のチャンスとするために経営陣が実行すべきこと~コロナ禍という激流を乗りこなすために~

with コロナを組織変革のチャンスとするために経営陣が実行すべきこと~コロナ禍という激流を乗りこなすために~

コロナ禍になり、一年程が経ちました。クライシスと呼ばれる危機的状況に陥ると、世の中には大きな変化が起きるので、否応もなく人も組織も変わらざる得ません。ただし、今までの文化・やり方に囚われ、なかなか変われないという話も聞きます。例えば、202
詳細を見る
withコロナを乗りこなすために、管理職は ”振り返り(リフレクション)” をどのように扱うといいのか?

withコロナを乗りこなすために、管理職は ”振り返り(リフレクション)” をどのように扱うといいのか?

部下育成に課題を感じる管理職は多くいらっしゃいます。リクルートマネジメントソリューションズ社の「マネジメントに対する人事担当者と管理職層の意識調査(2020年8月)」によると、「管理職層の困っていること」という問いにおいて、部下育成が最も高
詳細を見る
これから求められる新たな概念”シェアドリーダーシップ”とは ー管理職を起点としたチーム創りを考えるー

これから求められる新たな概念”シェアドリーダーシップ”とは ー管理職を起点としたチーム創りを考えるー

コロナ禍になり、多くの経営者から「変わらないといけない」という話をお聞きします。組織を変えていくキーパーソンは管理職であり、管理職のリーダーシップに期待している経営者が多いようです。ただし、この期待になかなか応えてくれないと話される経営者も
詳細を見る
管理職研修を成功させるポイントと方法とは? ~「組織が変わる管理職研修」を考察する~

管理職研修を成功させるポイントと方法とは? ~「組織が変わる管理職研修」を考察する~

管理職研修は、組織に大きな影響を与えられる取り組みです。もちろん、その影響はポジティブにもネガティブにも出る可能性があります。自組織にマッチングした管理職研修を実施しないと、せっかく時間とお金をかけても、無意味になるどころか、逆効果になる可
詳細を見る

本ファシリテーター・講師に依頼・相談したい方はこちらよりお問い合わせください。
※ スケジュール・専門分野により、依頼できない場合もございます