アーティエンス株式会社 ARTIENCE

公開講座

参加者のコミットの高い結論を導き出す

受付中【公開講座】会議での合意形成力 向上研修

  • コミュニケーション

日時:2025年2月20日(木)9:00~18:00

場所:オンライン(ZOOM)

会議での参加者のコミットの高い結論を導き出すスキルを、実践的に学びます

対象者

若手社員・中堅社員・管理職で、会議ファシリテーション(進行役)を実施する機会のある方

内容

▼こんな会議に悩んでいませんか?===========
✓会議で意見は多く出るが、上手くまとめられず、結論に至らない
✓利害関係により合意形成進まず、そのまま会議が終わる
✓結論へのコミットが低く、現場で実践されない

▼本講座受講後に目指す状態===========
✓参加者の意見を整理・構造化しながら議論を進め、論点を提示できている
✓Win-Winの結論に導くためのコンフリクトマネジメントを行っている
✓会議での決定事項を、参加者が協力しながら遂行している

▼学べるポイント===========
◎議論の構造化に必要なスキル・論理的思考力を学ぶ
話し合いの内容や情報を整理し、議論を深めていく手法としてのロジカルシンキングを習得します。

◎議論の合意形成に至るまでの4つのプロセスを理解する
合意形成を阻む4つのプロセス(前提・対立関係・価値観・拒絶)を理解し、それぞれに対処するためのポイントを学びます。

◎納得感のある意思決定を行うための手法を実践的に学ぶ
納得感のある意思決定を行うために必要な観点を理解し、ワークを通して実践的に身に付けます

》会議の進め方の基本を知りたい方は、『【公開講座】効率的な会議進行スキル 習得研修』にご参加ください。
》会議における意見の活性化を実現されたい方は、『【公開講座】全員参加の会議づくり研修』にご参加ください。

▼アジェンダ===========

流れ 手法
⓪オープニング
①事前講義|ファシリテーターが用いるロジカルシンキングとは?
 ┗ロジカルシンキング基礎
 ┗ファシリテーターが用いる範囲
講義、グループワーク
②実践|会議ファシリテーション|ロジカルシンキングを使って議論してみよう グループワーク
③ 事前講義|合意形成で起きる課題の種類と、プロセスを知る
 ┗前提の違い、対立関係、価値観の違い
 ┗自身の価値観を知る
講義、グループワーク
④実践|会議ファシリテーション|「対立関係?価値観の違い?」を乗り越える 個人・グループワーク
⑤振り返り 個人・グループワーク

※研修内容はアップデートする可能性があります。

▼講師===========

アーティエンス株式会社 代表取締役社長迫間 智彦(ハザマ トモヒコ)

国内大手情報通信会社、アルー株式会社に入社。研修講師・コンテンツ開発・営業の仕組み化・人事など数多くの業務を経験し、2010年にアーティエンス株式会社を設立。現在は、クライアントの経営会議から営業会議、商品開発会議、社内勉強会までさまざま会議のファシリテーションを行っている。

▼参考スライド===========

お客様の声

自分の価値観が行動に大きな影響を与えているなと感じました。
ですが共通の目的や目標を考えたり、相手の価値観や意見を知る事で解決されることも沢山あるなとワークを通して感じました。

目的がしっかりしていれば対立関係が生まれた際、目的に戻る事で解消出来る。目的をしっかり設定する。早く実行してみたい。

自身が出る会議において、目的・目標を常に意識して進める事で、参加者の共有が生まれ、
対立も良い議論になると考えます。

日程

2025年2月20日(木)9:00~18:00

場所

オンライン(ZOOM)

料金

お一人様あたり¥40,000~60,000/日(ご参加人数により異なります。詳細はお問い合わせください。)

    お申し込みはこちら

    お申し込みの公開講座*
    会社名*
    氏名*
    メールアドレス*
    電話番号*
    フォーム記入者

    その他の場合はご記入ください:
    個人情報保護* 個人情報保護方針
    をご確認いただき、同意のうえ送信ボタンをおしてください