アーティエンス株式会社 ARTIENCE

公開講座

建設的な意見が飛び交う会議を実現

受付中【公開講座】全員参加の会議づくり研修

  • コミュニケーション

日時:2024年10月10日(木)9:00~18:00

場所:オンライン(ZOOM)

建設的な意見が飛び交う会議を実現するためのスキルを、実践的に学びます

対象者

若手社員・中堅社員・管理職で、会議ファシリテーション(進行役)を実施する機会のある方

内容

▼こんな会議に悩んでいませんか?===========
✓会議では沈黙が多く、重たい雰囲気。特定の人しか発言しない
✓表面的な会話ばかりで「実施する意味はあるのか?」と感じる
✓毎回予定調和で、問いかけても「特にありません」で終わる

▼本講座受講後に目指す状態===========
✓全員が意見を言いやすい雰囲気のなかお互いに意見を出し合えている
✓参加者それぞれが目的意識を持って会議に参加し、議論に関わっている
✓会議の目的達成のために、お互いに違和感や質問があればその場で出し合えている

▼学べるポイント===========
◎相互作用が活性化する3つのポイントの理解
参加者全員が安心して意見を出し合えたり、アイディアが生まれやるくなる場創りのポイントを学びます。

◎目的に即した場の創り方・介入のスキルを実践的に習得
目的や目標を達成するために、どのような場づくり・介入を行い、議論を活性化させていくのかを実践的に学びます

◎議論の質・決定事項の質を高めるための方法を学ぶ
参加者の認知や思考が深まる問いかけやアプローチを行い、会議の議論や決定事項の質を高める方法を習得します。

▼アジェンダ===========

流れ 手法
⓪オープニング
①会議における「場」を理解する
 ┗レイアウト・備品・空間設計
講義、グループワーク
②ファシリテーターの会議の「場」へのかかわり方
 ┗「場」の観察方法と、介入方法
講義、個人・グループワーク
③会議における「相互作用」とは?
 ┗言動・行動・思考・感情・認知 から整理する
講義、個人・グループワーク
④自社の会議を振り返る 講義、個人・グループワーク
⑤相互作用が活性化するために必要なこと
 ┗コミットの高い目的・目標づくり
 ┗安心安全な場
 ┗関係の質と場の質
 ┗共創・協働ポイント
講義・個人ワーク
⑥相互作用を活性化するためのアクションプラン グループワーク
⑦振り返り 個人・グループワーク

》会議の進め方の基本を知りたい方は、『【公開講座】効率的な会議進行スキル 習得研修』にご参加ください。

▼講師===========

アーティエンス株式会社 代表取締役社長迫間 智彦(ハザマ トモヒコ)

国内大手情報通信会社、アルー株式会社に入社。研修講師・コンテンツ開発・営業の仕組み化・人事など数多くの業務を経験し、2010年にアーティエンス株式会社を設立。現在は、クライアントの経営会議から営業会議、商品開発会議、社内勉強会までさまざま会議のファシリテーションを行っている。

▼参考スライド===========

お客様の声

お互いを理解し尊重し合えることで、思っている事を出させ、情報量を増やす。「ポジティブフィードバック」良い事をした時、褒めるなど部下育成に役立て、やる気を出させて、そのやる気が周りにも良い影響となる様にする

小さな場から変えていくという言葉が刺さりました。どうしたら変えられるのだろうと考え過ぎて動けずにいましたが、日々、身近なところから少しずつ変えていこうと思いました。できることから一つずつ意識してやってみます。

自分の意見に固執せず、色々な考え方や意見を取りいれること。会議や打ち合わせの場で、停滞・沈黙が続くような時にポジションチェンジや付箋の活用をして場に動きが出るように意識したい。場に参加するメンバーから少しでも拾い上げられるものが出てくるのではないかと思う

日程

2024年10月10日(木)9:00~18:00

場所

オンライン(ZOOM)

料金

お一人様あたり¥40,000~60,000/日(ご参加人数により異なります。詳細はお問い合わせください。)

    お申し込みはこちら

    お申し込みの公開講座*
    会社名*
    氏名*
    メールアドレス*
    電話番号*
    フォーム記入者

    その他の場合はご記入ください:
    個人情報保護* 個人情報保護方針
    をご確認いただき、同意のうえ送信ボタンをおしてください