アーティエンス株式会社 ARTIENCE

公開講座

今の会議を迷いなく、効率的に進めるための

受付中【公開講座】効率的な会議進行スキル 習得研修

  • コミュニケーション

日時:2024年8月29日(木)9:00~18:00

場所:オンライン(ZOOM)

今の会議を迷いなく、効率的に進めるためのスキルを実践的に習得します。

対象者

若手社員・中堅社員・管理職で、会議ファシリテーション(進行役)を実施する機会のある方

内容

▼こんな会議に悩んでいませんか?===========
✓会議の目的・目標が不明瞭で、参加者が混乱していることがある
✓何も決まらずに会議が終わってしまう
✓会議での決定事項が現場に戻ると遂行されない

▼本講座受講後に目指す状態===========
✓会議の目的やゴール(目標)が明確に共有されており参加者の迷いが減る
決定事項が明確に提示され、参加者に共有されている
✓会議の決定事項が適切に共有され現場でのアクションに繋がっている

▼学べるポイント===========
◎会議ファシリテーションスキルの重要性の理解
会議の質と参加者のコミットメントを高めるために、ファシリテーターとしての役割や、ファシリテーションスキルの重要性を理解します。

◎会議体の種類と会議の進め方の「型」を実践を通して習得
OARR(オール)等の会議における基礎スキルを学び、研修内で実践しながら、会議の質を上げるためのスキルを習得します。

◎会議ファシリテーターとして知っておくべきコミュニケーションスキルの習得
ファシリテーションの基礎スキルとなる「タスクとメンテナンス」「プッシュとプル」を、ワークを通じて実践的に習得します。

▼アジェンダ===========

流れ 手法
⓪オープニング
①事前講義|ファシリテーターが用いるロジカルシンキングとは?
 ┗ロジカルシンキング基礎
 ┗ファシリテーターが用いる範囲
講義、グループワーク
②実践|会議ファシリテーション|ロジカルシンキングを使って議論してみよう グループワーク
③ 事前講義|合意形成で起きる課題の種類と、プロセスを知る
 ┗前提の違い、対立関係、価値観の違い
 ┗自身の価値観を知る
講義、グループワーク
④実践|会議ファシリテーション|「対立関係?価値観の違い?」を乗り越える 個人・グループワーク
⑤振り返り 個人・グループワーク

▼講師===========

アーティエンス株式会社 代表取締役社長迫間 智彦(ハザマ トモヒコ)

国内大手情報通信会社、人材育成コンサルティング会社に入社。研修講師・コンテンツ開発・営業の仕組み化・人事など数多くの業務を経験し、2010年にアーティエンス株式会社を設立。自身も講師として登壇し、ファシリテーションや組織変革に向けた社内会議ファシリテーターとして活躍

▼参考スライド===========

お客様の声

これまでの「情報共有」「報告」型の会議体から、活発な意見交換の場となる会議体とするために、事前準備の徹底・意見をきちんと言語化できるよう意識していきたい

今ある会議の種類をもう一度考えてみます。メンバーは会議の目標・目的を共有できているかを再度話して方向性が一緒か確認したいと思います。

OARRという考えをもって計画を組む大切さ。事前準備として目的、目標を具体化しておく。そのことにより議論の的が見えてきてよい議論になるのかと思いました

日程

2024年8月29日(木)9:00~18:00

場所

オンライン(ZOOM)

料金

お一人様あたり¥20,000~30,000/日(ご参加人数により異なります。詳細はお問い合わせください。)

    お申し込みはこちら

    お申し込みの公開講座*
    会社名*
    氏名*
    メールアドレス*
    電話番号*
    フォーム記入者

    その他の場合はご記入ください:
    個人情報保護* 個人情報保護方針
    をご確認いただき、同意のうえ送信ボタンをおしてください