HOME旬ワード・TopicsA-Z > SWOT分析
すうぉっとぶんせき

SWOT分析

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

企業や個人の、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)のことで、それぞれの頭文字をとったマーケティング用語です。自社の内部環境(経営資源)と外部環境(経営を取り巻く環境)の分析をするための手法であり、内的要因 – 強みと弱み、外的要因 – 機会と脅威となります。

さらに、SWOT分析をベースとして強み・弱みの内部環境と、機会・脅威の外部環境をクロスさせ、様々な戦略オプションを検討する手法、ロスSWOT分析もあります。

僕自身も分析してみたよ。
弱みはたくさん出てくるんだけど、強みがなぁ・・・まだまだ頑張らないといけない!

注目用語

"SWOT分析"に関連するサービス

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/08

[部下育成・OJTについて]

OJTの「仕組み」をつくる -新人が育つ現場の仕組み、どこからつくっていく?―

正式名称をOn the Job Trainingという「OJT」が日本で取り入れられるようになったのは、1970年代からです。   当時の日本企業は終身雇用・年功序列が一般的だったので、実際に働く現場で、上司や先輩の指導を受けながら業務を教わり学んでいく教育訓練であるOJTは、理にかなった研修方法でした。 ...