あーるえふぴー

RFP

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • 営業

RFPとは、”Request For Proposal”の略で、提案依頼書という意味になります。システム開発を行う際などに、作業をされる開発者や業者に具体的な提案を依頼する文書のことです。必要なシステムの概要や構成要件、調達条件を記述しているケースが多いです。

RFPには、必要とするハードウェアやソフトウェア、サービスなどのシステムの概要や、依頼事項、保証用件、契約事項などが記述されるのが常で、開発者はその情報をもとに提案書を作成します。

「いかにRFPをうまく描けるか」というのは、特に情報システム業界(IT業界)においてプランナー・ディレクターの腕の見せ所と言えます。なぜなら、これまで情報システム業界では、口約束やあいまいな発注によるケースがとても多く、それにより開発現場の混乱や紛争の発生、納期の遅れやシステム障害などが非常に多かったからです。事前にRFPを通じて調達条件や契約内容を明らかにしておくことで、こうした混乱を未然に防ぐことができ、現在においてもRFPの存在はとても重要視されています。

参考:アーティエンス社がHP開発の際に作成したRFPの一部

RFP


注目用語

"RFP"に関連するサービス

新入社員研修

ドキュメンテーション・ダッシュ(相手のニーズをつかむ研修)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/07/31

[学びの探求]

あなたが「ロジカルシンキング」と、もっと仲良くなれるために

「私は、ロジカルシンキングが苦手です」   若手社員、ときに年配社員の方からもよく聞く言葉です。     その方々に「なぜロジカルシンキングが苦手なのですか?」と訊くと、返ってくる答えは様々ですが、共通して見えてくるのは「ロジカルシンキングを使う機会があまりないから(自分にはあまり必要ない)」と...