HOME旬ワード・TopicsA-Z > PM理論
ぴーえむりろん

PM理論

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

三隅二不二氏の提唱したリーダーシップ論です。リーダーの行動は大きく
目標達成行動(Performance行動=P行動)
集団維持行動(Maintenance行動=M行動)
の2つに分けられるとして、これらの行動の組み合わせをリーダーシップとしてとらえています。

また、この2つのP行動、M行動の働きかけの強弱からリーダーのタイプを4つに分類し、リーダーとしての資質・行動の適性を測るときに活用されます。

■PM理論に基づく、4つのリーダータイプ

PM理論_リーダーシップのあり方

PM理論

例えば、目標を達成することを急ぐあまりメンバーの気持ちがバラバラになってしまう(P型)も良くありませんし、かといって個々のメンバーの気持ちを大切にするあまり目標の達成が二の次になってしまう(M型)のも問題です。つまり、リーダーはP行動(目標達成行動)とM行動(集団維持行動)のバランスをしっかり取るということが非常に重要である、と説いているのがこのPM理論になります。

PM理論については、併せて、リーダーシップ、およびサーバントリーダーについても併せて確認しておくと良いでしょう。

リーダーに求められることや、在り方は多様化しているとおもうけど、PM理論は基本的な考え方として、覚えておくといいね。

注目用語

"PM理論"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

リーダーの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

3年目社員フォロー研修

渋谷:(1日目)2019年 8月 30 日(金)9:00~18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • 組織開発支援

入社3年目ともなれば、仕事や会社に対する理解も深まり、自分ひとりでも仕事の大部分を進めていける程の 知識やスキルも習得しているのではないでしょうか。 会社としても、さらなる成長や活躍を期待している年代のはず… その一方で、仕事に慣れ始めた入社3年目ともなると、新人の頃ならできたはずの基礎・基本が疎かになったり、 日々の忙しさや他社との比較から会社への不満が募り、顕在化してくる年代とも言えます。 多くの企業では、新入社員研修や管理職研修などの研修は実施している一方で、 社歴が浅い若手社員向けの研修を実施している企業は少ないのではないでしょうか。 入社3年目の若手社員にこそ、周囲に対してポジティブ・インパクトを与えていくために、 自分自身と、そして、会社と向き合う場を設けることが必要です。 当社の3年目社員フォロー研修を通して、3年目社員の方々に 「会社の未来を創るためのリーダーとして、第一歩を踏み出す」きっかけをお渡ししませんか。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/11/28

[人材・育成について]

部下を上手く褒めるには?上司が知っておきたい伝えるスキル“Iメッセージ”とは

突然ですが、あなたは最近、どんな場面で部下を褒めましたか? というのも、「褒める」という行為が苦手な上司の方は、案外たくさんいらっしゃいます。  確かに、年齢や立場が違う相手を褒めるというのは、ある程度の気恥ずかしさは拭えないものかもしれません。   しかし同時に、「褒める」という行為は...