HOME旬ワード・TopicsA-Z > PM理論
ぴーえむりろん

PM理論

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

三隅二不二氏の提唱したリーダーシップ論です。リーダーの行動は大きく
目標達成行動(Performance行動=P行動)
集団維持行動(Maintenance行動=M行動)
の2つに分けられるとして、これらの行動の組み合わせをリーダーシップとしてとらえています。

また、この2つのP行動、M行動の働きかけの強弱からリーダーのタイプを4つに分類し、リーダーとしての資質・行動の適性を測るときに活用されます。

■PM理論に基づく、4つのリーダータイプ

PM理論_リーダーシップのあり方

PM理論

例えば、目標を達成することを急ぐあまりメンバーの気持ちがバラバラになってしまう(P型)も良くありませんし、かといって個々のメンバーの気持ちを大切にするあまり目標の達成が二の次になってしまう(M型)のも問題です。つまり、リーダーはP行動(目標達成行動)とM行動(集団維持行動)のバランスをしっかり取るということが非常に重要である、と説いているのがこのPM理論になります。

PM理論については、併せて、リーダーシップ、およびサーバントリーダーについても併せて確認しておくと良いでしょう。

リーダーに求められることや、在り方は多様化しているとおもうけど、PM理論は基本的な考え方として、覚えておくといいね。

注目用語

"PM理論"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/11/14

[人材・育成について]

「社員の『評価』は何のためにあるか」を考える。

    先週、旧知の友人と食事をする機会が2回ありました。   どちらの友人(「Aさん」、「Bさん」とします)も、IT企業の人事業務を担っています。   Aさん、Bさんどちらも「普段の仕事のこと」が話題の大部分でした。 かつ、ふたりとも仕事に真剣に向き合うタイプでしたので、おかげで私は新し...