HOME旬ワード・TopicsA-Z > MORSの法則(具体性の法則)
MORSのほうそく

MORSの法則(具体性の法則)

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

目標の具体性を確認する手法の一つに、「MORSの法則」という概念があります。

MORSは次の頭文字4つ、「Measured 計測できる」・「Observable  観察できる」・「Reliable  信頼できる」・「Spesific  明確化されている」を並べたものです。
そして、この4つの条件を満たしていないものは適切な「行動目標」「計画」ではない、という考え方です。
─────────────────────
MORSの法則

・Measured  計測できる=カウントできる、あるいは数値化できる

・Observable 観察できる=誰が見ても、どんな行動をしているのかわかる

・Reliable 信頼できる=どんな人が見ても、それが同じ行動だと認識できる

・Specify 明文化されている=文字通り何をどうするか明確になっている
─────────────────────

例えば、目標に以下のようなものを掲げた場合、MORSの法則に適っているでしょうか。

・売り上げを伸ばす

・製品知識を深める

・積極的な営業活動を行う

これらは大切な行動指針ではありますが、これだけではMORSの法則の条件を殆ど満たしていないので、適切な目標とは言えません。

目標、特に中間目標・短期目標は、より具体的に設定することが大切です。
部下やチームを管理する立場にある方は、計画や目標を立てる際にMORSの法則を意識して作成すると良いでしょう。

同じような目標や行動計画の立て方で有名なのが、SMART。いずれにしても目標や計画は、具体的にたてることが大事なんだね。

[MORSの法則(具体性の法則)に関連する用語]

注目用語

"MORSの法則(具体性の法則)"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

リーダーの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

パーソナリティ・ベース・リーダーシップ研修 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年2月26日(火)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

特定の個人だけがリーダーシップを発揮するのではなく、 チームメンバーのそれぞれが、自身の強みをベースに リーダーシップを発揮する 「パーソナリティ・ベース・リーダーシップ」という考え方が今、注目されています。 本セミナーではまず、誰でもリーダーシップを発揮できるという考えのもと、あなたならではのリーダーシップのあり方、 パーソナリティ・ベース・リーダーシップを探求していただきます。 そして誰か一人がリーダーシップを執るのではなく、 「それぞれの強み・特性をベースとしたリーダーシップを、皆で掛け合わせていく」という、 新しい形の働き方をワークを実践し、現場での自信/活躍に繋げていただきます。

システムシンキングをつかった問題解決研修 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年2月15日(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • リーダー
  • マネジメント

システムシンキングとは、大局の流れを読みながら、 “全体”を的確に捉え、本当の問題の所在を明らかにする思考スキル。 本セミナーでは、システムシンキングの考え方を学び、 実際に使って、実務の場で起こりうる様々な課題・問題に 対処できる力を養っていただきます。 現場で部下を引っ張るチームリーダーから、 組織の現状や課題を明らかにしたい経営者の方まで、 複雑性を増すVUCAワールドの現代を生き抜くうえで、より重要性を増す必須スキルです…!

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/08

[部下育成・OJTについて]

OJTの「仕組み」をつくる -新人が育つ現場の仕組み、どこからつくっていく?―

正式名称をOn the Job Trainingという「OJT」が日本で取り入れられるようになったのは、1970年代からです。   当時の日本企業は終身雇用・年功序列が一般的だったので、実際に働く現場で、上司や先輩の指導を受けながら業務を教わり学んでいく教育訓練であるOJTは、理にかなった研修方法でした。 ...

HOME旬ワード・Topics部下育成・OJTについて > MORSの法則(具体性の法則)