HOME旬ワード・TopicsA-Z > GROWモデル
ぐろうもでる

GROWモデル

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー

GROWモデルとは、コーチングなどで使われる有用な問題解決の思考方法です。
コーチングを行う時、または問題を解決しようとする時に、適切な順序で確認・行動を起こす為のフレームワークとなります。

GROWとは、以下の行動の頭文字を取ったものです。

──────────────────────────────────────
G : Goal    目標   

R : Reality   現実、現状

O : Options  選択肢、代替戦略案、行動案

W : Will    意志(どうしたいか)
──────────────────────────────────────

ひとつ例を出してみましょう。
遅刻が多く、かつ改善の意思の弱い社員に対してGROWモデルを使って指導するとします。

──────────────────────────────────────
G : Goal    「勤怠の改善について、一緒に考えませんか?」   

R : Reality   「遅刻が多いのは、現状の何が要因となっているのでしょうか」

O : Options  「要因を解消するとしたら、どんなやり方がありますか?」

W : Will    「良いやり方が見つかりましたね。明日から実践してみませんか」
──────────────────────────────────────
(若干甘やかし感のある指導に見受けられますが、あくまで例ということでご容赦ください)

このように、GROW(Goal-Reality-Options-Will)の順番に思考・またはコミュニケーションを重ねて策定していきます。

但し、トップダウンでGROWを並べられても人はなかなか動かないものです。
関係者が納得して、自分の意志「Will」を持って動けるように、合意を持ちながらプロセスを進めていくのが良いとされます。

何か問題が起こったり、解決したことがある場合、むやみにアクションを起こすより、きちんと考えて計画的に行動することで、解決しやすくなるんだね。
上司が部下指導する際に、活用したいフレームワークだね。

注目用語

"GROWモデル"に関連するサービス

OJTトレーナー養成研修

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

新任管理職研修

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

育成・OJTの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【育成施策共有会(Growth Meeting)】
成長実感から成長予感へ―「自組織での今後の成長ストーリー創り」、どうアプローチしていくか? 無料

オンライン(ZOOM):
  • 新入社員向け
  • 育成・OJT

適切な目標設定とフィードバックを重ねることが、新入社員の成長実感の醸成に繋がります。
では、「今後もこの会社で成長していける」という成長予感はどのようにして高めていけるとよいのでしょうか?

今回は、東京経済大学 コミュニケーション学部 特命講師の田村寿浩さんをお招きし、キャリア自律の視点から、その方法論の一つを提示し、対話を通して、新入社員の成長予感の高め方について考えていきます。

※事前に当日活用するシート(作成3~4分)のご依頼があります。
※当日は音声・画面ともにオンにして、ご参加者の皆さまで対話を行う場面もあります。

★若手の早期離職に課題がある方必見★「気付いたら手遅れを防ぐ!」若手・新人の自律を育む、タイムリーなフォロー施策とは? 無料

オンライン(ZOOM):
  • 新入社員向け
  • 育成・OJT

在宅勤務の急増で、人事や育成側が若手・新人の状況をタイムリーに把握し、フォローする難易度が増しています。また、若手・新人自身も周囲からサポートを受けることが難しくなったため、自律(セルフマネジメント力)の強化が重要です。
本セミナーでは若手・新人のセルフマネジメント力を高め、タイムリーにフォローを行うことで早期離職の防止と活躍の促進を図るポイントを、事例を交えて紹介します。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2021/08/04

[セミナーレポート]

心理的安全性において、ぬるま湯組織にならないためのバランスとは?セミナーレポート

本内容は、7月27日開催のセミナー『管理職起点で創る“成果に繋がる”心理的安全性 ―中堅・中小企業の管理職育成に、今、必要とされる3つの要素―』のセミナーレポートです。 今回、10名の人事・経営者の方にご参加いただきました。(参加企業の業界:精密機械業界、教育サービス業界、電気・エネルギー業界、不動産業界、医療業界、保険業界、鉄道業界、コンサ...