HOME旬ワード・TopicsA-Z > GROWモデル
ぐろうもでる

GROWモデル

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー

GROWモデルとは、コーチングなどで使われる有用な問題解決の思考方法です。
コーチングを行う時、または問題を解決しようとする時に、適切な順序で確認・行動を起こす為のフレームワークとなります。

GROWとは、以下の行動の頭文字を取ったものです。

──────────────────────────────────────
G : Goal    目標   

R : Reality   現実、現状

O : Options  選択肢、代替戦略案、行動案

W : Will    意志(どうしたいか)
──────────────────────────────────────

ひとつ例を出してみましょう。
遅刻が多く、かつ改善の意思の弱い社員に対してGROWモデルを使って指導するとします。

──────────────────────────────────────
G : Goal    「勤怠の改善について、一緒に考えませんか?」   

R : Reality   「遅刻が多いのは、現状の何が要因となっているのでしょうか」

O : Options  「要因を解消するとしたら、どんなやり方がありますか?」

W : Will    「良いやり方が見つかりましたね。明日から実践してみませんか」
──────────────────────────────────────
(若干甘やかし感のある指導に見受けられますが、あくまで例ということでご容赦ください)

このように、GROW(Goal-Reality-Options-Will)の順番に思考・またはコミュニケーションを重ねて策定していきます。

但し、トップダウンでGROWを並べられても人はなかなか動かないものです。
関係者が納得して、自分の意志「Will」を持って動けるように、合意を持ちながらプロセスを進めていくのが良いとされます。

何か問題が起こったり、解決したことがある場合、むやみにアクションを起こすより、きちんと考えて計画的に行動することで、解決しやすくなるんだね。
上司が部下指導する際に、活用したいフレームワークだね。

注目用語

"GROWモデル"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

育成・OJTの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

部下・後輩育成研修 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018/10/26 (金) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

アーティエンスの部下・後輩育成研修では、トレーナーが新人を早期戦力化していくためのスキル・ノウハウ、そしてスタンス実務に近いワークショップ形式でしっかり学んでいただきます。 ♯10月限定、はじめて受講いただく会社様2名様まで無料でご招待させていただきます…!

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/11/14

[人材・育成について]

「社員の『評価』は何のためにあるか」を考える。

    先週、旧知の友人と食事をする機会が2回ありました。   どちらの友人(「Aさん」、「Bさん」とします)も、IT企業の人事業務を担っています。   Aさん、Bさんどちらも「普段の仕事のこと」が話題の大部分でした。 かつ、ふたりとも仕事に真剣に向き合うタイプでしたので、おかげで私は新し...