ごだぶりゅーにえいち

5W2H

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル

「Who、When、Where、What、How、Why、How much」のそれぞれの頭文字をとったもの。
情報を整理、分類しまとめ、ヌケ・モレをなくすために使用される手法です。常に5W2Hを意識し、確認しながら仕事を進めれば、仕事の手戻りや失敗は少なくなります。

ビジネスの場においては、電話の応対やビジネス文書の作成、企画立案や、報連相などに、幅広く利用されています。

■What (仕事内容・依頼内容)
何をするのか。

■When (時期・期限・納期)
いつするのか。いつまでにするのか。

■Where (仕事の場所・情報源)
どこで仕事をするのか。情報はどこにあるのか。

■Why (意義・目的・理由)
なぜこの仕事をするのか。

■Who (担当者・関係者)
誰がこの仕事に関係しているのか。

■How (方法・進め方)
どうやってやるのか。どのように進めるのか。

■How much (予算)
いくらかかるのか。

僕もホウレンソウをするときに、「5W2Hを押さえるように」って何回も言われたな。
でも、そのおかげでホウレンソウは的確にできるし、情報を聞きもらす事もなくなった。大事なことなんだね。

注目用語

"5W2H"に関連するサービス

ビジネススキル研修

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

ロジカルシンキング・ダッシュ(ロジカルシンキング研修)

自分の頭で考える力を付けて仕事に活かしていく為に必要な『型』と『業務で活用するポイント』を学びます。 研修内のケーススタディでは、ストレスフルかつ多くの社会人が直面しがちなシチュエーション、ストーリーを仮想体験できるような題材を元にしています。

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

新入社員向けの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【育成施策共有会(Growth Meeting)】
若手・新入社員のエンゲージメントを育むためにできることとは?

オンライン(ZOOM):
  • 新入社員向け
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

コロナ禍となり、テレワークや時差出勤を導入する企業も急増しました。 多様化する働き方の一方で、「エンゲージメント低下」のお悩みをうかがうことも多くなりました。

「組織の求心力の再考」を求められている今、若手・新入社員のエンゲージメントを育んでいくために、どんなサポートができるのか、今回のGrowth Meetingで一緒に考えていきたいと思います。


※事前に当日活用するシート(作成3~4分)のご依頼があります。
※当日は音声・画面ともにオンにして、ご参加者の皆さまで対話を行う場面もあります。

【公開講座】1年目フォローアップ研修

オンラインZOOM、もしくは渋谷開場を予定:
  • 新入社員向け

自らが成長することで、組織の成長につながる一歩を踏み出します。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/10/15

[学びの探求]

今職場で起きている問題を、どう捉えるか?──課題・問題へのリーダーシップの進め方について

  組織・チームが「うまく行っている」とき、または「うまく行っていない」ときに、その「理由」を特定することはなかなか難しいものです。そもそも、理由はひとつとは限りませんし、人によっても見方は異なります。     もう大分前のことですが、知人からこんな組織の悩みを打ち明けられました。   ...