さんねんさんわり

3年3割

  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

新入社員の3割が3年以内に退職することを示唆した言葉。

3年以内に退職するのは、大卒者の3割、高卒者の5割、中卒者に至っては7割と言われており、「753問題」とも言われます。
早期離職の背景には、就労者本人の意識や意欲の問題が取り上げられることが多い一方で、企業側の雇用に対する取り組みも問題視されることが増えてきました。例えば、自社では抱えきれない人数を採用し、厳しいノルマや条件を課して、成果を出せないものは自己都合の早期退職に追い込む等があります。
実態は究明し切れていませんが、いずれにしても日本経済の発展・安定のためにも、早期離職問題は放置することはできません。

一説には、3年以内に退職した者の8割は、正社員として再就職できない、なんて話も・・・自分の人生だから、安易な判断はしないほうがいいよね。

注目用語

"3年3割"に関連するサービス

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

ビジネススキル研修

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

その他の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

“なぜ、自社の社員が辞めていくの??”   離職を防ぐ! 若手社員の定着と成長セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018年1月17日(水)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

3年以内に退職される、「早期離職者」はそれぞれのストーリーや想いを持っています。 そこにはSNSにも発信されない、言語化されていない、 離職に繋がる現代の、“イマドキ”の、若手のリアリティがあります。 本セミナーでは、株式会社カイラボの代表であり、200名に近い早期離職者と対面しインタビューを行ってきた井上氏をお迎えし、早期離職を防止し、“組織への定着”と、“若手の成長”の両立ポイントを、他社事例などを交えて具体的にご紹介いたします。

組織と人の「成長」を描く管理職・マネジメントセミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分) :2018/2/13 (火) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

現代社会は VUCA WORLD と言われています。 組織・チーム運営を取り巻く状況の複雑性が高まり、予測不能な激しい変化の波を受ける社会──それがVUCA WORLDです。 そのような環境に対応していく為には、組織・チームは『管理する・される』の関係だけではなく、『自ら学び、考えて行動し共創していく』関係にしていくことが求められ、そして管理職・マネージャーと呼ばれる人たちは、社員ひとりひとりが自己組織化し、リーダーシップを取っていける為の働きかけを行っていく必要があります。 本セミナーでは、今日の組織・職場で管理職・マネージャーが求められる働き方、組織力の高め方を学んでいきます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/11/14

[現場のお悩み相談]

「社員の『評価』は何のためにあるか」を考える。

    先週、旧知の友人と食事をする機会が2回ありました。   どちらの友人(「Aさん」、「Bさん」とします)も、IT企業の人事業務を担っています。   Aさん、Bさんどちらも「普段の仕事のこと」が話題の大部分でした。 かつ、ふたりとも仕事に真剣に向き合うタイプでしたので、おかげで私は新し...