HOME旬ワード・Topicsさ行 > 自責
じせき

自責

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

自分で自分の過ちをとがめること。また、「他責」と対比して以下の様に使われる場合があります。

自責:起きた結果をすべて自分の責任と受けとめる
他責:起きた結果をすべて他人の責任と受けとめる

「人は簡単に変えられないが、自分は変えられる」という言葉がありますが、それは「自責・他責」にも当てはまります。
好ましくない結果を自責思考で考えた場合、当人は事態の大きさによって相応のストレスを感じることとなりますが、その分改善に向けての働きかけは早まります。他責思考で考えた場合は、当人はストレスをそれ程感じずに済むかもしれませんが、改善に向けての働きかけは鈍化されます。

何でもかんでも自責で捉えるのではなく、自分の力でなんとかなるものに注力して、自責で捉えるのが大切だって、先輩が言ってたよ~

注目用語

"自責"に関連するサービス

ビジネスマナー・スタンダード(ビジネスマナー研修)

『社会人として“なぜマナーが必要なのか”、そして “マナーの本質とは何なのか”』を充分に考え『内省』 していただく機会を用意し、ビジネスマナーが持つ 意義を深く納得していただくことを大切にしています。

ビジネススタンス・スタンダード(ビジネススタンス研修)

『プロとしてお客様からお金をいただくための仕事の考え方』 をしっかりとお伝えします。 そして、実践を通して受講者ひとりひとりが、 今後『自律』・『自走』できるよう、働きかけます。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/09/18

[人材・育成について]

半年が経過したけれど、新入社員が思うように育たなかった…なぜ?

    9月も中旬に差し掛かり、大分秋らしい気候が感じられるようになりました。     この時期は、新社会人として半年間の経験を積んだ新入社員の方々の、成長や変化の度合いが顕在化されやすい(意識されやすい)時期でもあるでしょう。   私達アーティエンスも、この時期は人事の方々との「今...