HOME旬ワード・Topicsま行 > 目標管理制度
もくひょうかんりせいど

目標管理制度

  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援

目標管理制度(MBO)とは、従業員が具体的な自己目標を設定し、その目標達成に取り組ませ、その達成度を評価する仕組みです。

P.F.ドラッカーが「現代の経営」(“The Practice of Management” 1954)の中で提唱したことが始まりとされています。

個人の目標設定により、その実現への動機付けを図ると共に、個々人がそれぞれ現状より更に1ランク上位の目標を目指そうとすることで、組織としての目標の連鎖を実現することを狙いとしています。

目標管理制度は自発的な目標設定が要となるのですが、その自発性が失われ制度のみ機能するような状態において、「ノルマ管理」であったり「“やらされ感”のともなった“人事評価の仕組み”」と評価されることも少なくないようです。

本来の目標管理は、会社と働く人々両方が、「ともに有益であること」を実現するための仕組みです。目標管理を受けられている方は、一度ご自身の目標が、本当に会社にとって、そして自身にとっても有益な目標として掲げられているか振り返ってみると良いかもしれません。

時代や組織風土よって良いとされる管理方法や、制度は違うよね。

時代の流れや、働く側のメンタリティがどうなっているかを、常に確認できると良いね。

[目標管理制度に関連する用語]

注目用語

"目標管理制度"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

新任管理職研修

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

リーダー研修

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

OJTトレーナー養成研修

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

多くの役割と重い責任を抱えている管理職が組織変革を促すために必要な3つのポイント【オンライン/無料/参加特典あり】 無料

:
  • リーダー
  • マネジメント

  • 「管理職は大変そうと思われ部下からの憧れの存在になっていない」
    • 「管理職は目の前の仕事を精一杯にこなすだけで期待を上回る仕事をしてくれない」
      • このようなお悩みを抱えていませんか?

        • 正解のない時代を乗りこなすためには、管理職が起点となって自組織にポジティブな影響を与え続けることが求められます。
          • しかし現在、管理職は多くの役割と重い責任を求められ疲弊しています。

            • そこで本セミナーでは、管理職を起点に組織が変容した事例をご紹介し、「これからの新しい管理職像に必要な3つのポイント」をお伝えします。

【オンライン/無料/参加特典あり】管理職はなぜ「つまらなそうで、期待に応えてくれない」のか?を紐解く 無料

オンライン(ZOOM予定):
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「うちの管理職、何だかつまらなそう…なんで期待に応えてくれないんだろう…」と感じてしまった経験はありませんか?
VUCAの時代、コロナ渦によるテレワークの増加、働き方や価値観の多様化…など働く人々を取り巻く環境は、日々目まぐるしく変化しています。
正解のないこれからの時代、管理職に対する期待や重要度はより一層高まる一方で、その役割や変化にうまく適応ができず、苦しむ管理職は少なくありません。
本セミナーを通して、「つまらなそうな管理職」になってしまう要因を整理するとともに、管理職として、部下やチームのパフォーマンスを高め、成果を上げていくためのポイントを、他社事例の紹介や質疑応答を交えながら、一緒に考えてみませんか?

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/10/15

[学びの探求]

今職場で起きている問題を、どう捉えるか?──課題・問題へのリーダーシップの進め方について

  組織・チームが「うまく行っている」とき、または「うまく行っていない」ときに、その「理由」を特定することはなかなか難しいものです。そもそも、理由はひとつとは限りませんし、人によっても見方は異なります。     もう大分前のことですが、知人からこんな組織の悩みを打ち明けられました。   ...

HOME旬ワード・Topics学びの探求 > 目標管理制度