HOME旬ワード・Topicsは行 > 氷山モデル
ひょうざんもでる

氷山モデル

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

 私たちが目にする事象は、何の理由もなく生じているものではなく、様々な因果関係のつながりの中で生じていることを氷山になぞらえて表現しているのが「氷山モデル」です。

 水面上に現れ、氷山の一角として目にすることができるものを「出来事」として捉え、水面下にある目に見えないものを3つの層に分けて表現しています。

氷山モデル…メンタルモデル
氷山モデル1

 例を持って説明していきましょう。例えば、【1)出来事】として「会議にいつも5分ほど遅れて参加する部下がいる」とします。よくあるケースですが、どの場合であれ定時に参加する他のメンバーの時間消費の観点や、組織全体の風土形成の観点からも、ゆゆしき問題ですよね。

氷山モデル2
 話を進めていきます。目に見えないものの3つの層の一つ目は【2)行動パターン】と呼ばれ、「出来事」にまつわる周辺の物事がどのようなトレンドになっているのかを表現しています。今回の例ですと、行動パターンとして表現できるトレンドとしては「部下は会議の直前ギリギリまで自身のタスクを行っている」ということがあるかもしれません。

氷山モデル3
 その下にあるのは、因果関係の複雑なつらなりである【3)構造】が存在しています。さきほどの例でいくと、この場合は「部下は自身の経験・スキルと比較してやや難易度の高いタスクを持っており、かつオーバーワーク状態でもあった」といった構造が隠れているケースが多いようです。

氷山モデル4
 そして、そうした因果関係を生み出しているのは、人が持つ認知構造の根幹をなす意識・無意識の前提(≒固定観念)すなわち【4)メンタルモデル】であると捉えられています。今回の例でいえば、「部下は、【任されたタスクを完遂することが何よりも大切なミッション】と考えており、【どんなに困難なタスクでも絶対にあきらめない(という気持ちが強く、やや視野が狭くなっている)】というメンタルモデルを持っている」のかもしれません。もしくは、「こんな大変なタスクを任されているのに、だれも助けてくれない」と思っているかもしれませんね。
氷山モデル5
***

 
 この氷山モデルの重要なところは、出来事の根本的な解決を促すには、より深い階層部分に働きかけることが効果的ということです。もしあなたなら、部下の行動を改善していく為に1)~4)の層のどこから働きかけるでしょうか。


注目用語

"氷山モデル"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/06/19

[学びの探求]

眼前にそびえる「複雑な課題」に向き合える思考法─「システム思考」

仕事をしていると、必ずと言って良いほど「難しい課題・問題」に遭遇するものです。   なぜ私たちがその事柄を「難しい」と考えるのかというと、様々な理由から「その課題は(すぐに)解決できない」と判断するからでしょう。  でも、これまた様々な理由で、「その課題は難しいが、私(達)はそれを解決しなくてはいけない」とい...

HOME旬ワード・Topics学びの探求 > 氷山モデル