HOME旬ワード・Topicsか行 > 機会損失
きかいそんしつ

機会損失

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • 組織開発支援

必要なタイミングで最善の決定や対応をしなかった結果、利益を得る機会を逃した場合の損失を意味しています。

代表的な事例としては、商品の在庫切れで販売チャンスを逃してしまうケースが挙げられます。

アーティエンスの新入社員研修『ビジネスセンス・スタンダード』では、「機会損失」についてビジネスゲームを通して、実際に体感しながら学んでいるよ(^^)

注目用語

"機会損失"に関連するサービス

ビジネススキル研修

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

ビジネススキルの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

3年目社員(16卒)フォロー研修

渋谷:2018 年 8月24日(金)9:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション

3年目若手社員が自身の現状把握(メタ認知)を行い、自分の強みと課題を浮き彫りにし、「主体性を育み、行動を強化する」ことを強力にサポートする研修です。 日々の業務に対して、オーナーシップを持つための意識醸成を行います。自らがどうありたいかを考え、その上でどのように成長してきたか、成長していくかを考えます。そして、会社にどのように貢献しているか・貢献していくかを考えます。

2年目社員(17卒)フォロー研修

渋谷:2018 年 7月 20 日(金)9:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • 組織開発支援

2年目若手社員が自身の現状把握(メタ認知)を行い、自分の強みと課題を浮き彫りにし、「主体性を育み、行動を強化する」ことを強力にサポートする研修です。 日々の業務に対して、オーナーシップを持つための意識醸成を行います。自らがどうありたいかを考え、その上でどのように成長してきたか、成長していくかを考えます。そして、会社にどのように貢献しているか・貢献していくかを考えます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/08/08

[人材・育成について]

組織・チームで掲げた「素晴らしい目標」には、
「阻害要因」が立ちはだかる?

    少し前になりますが、とある企業様の「今期の振り返りと来期に向けて」というテーマの話し合いの場に参加させていただきました。     話し合いは、各事業部・チームのリーダークラスの方々がひとりずつ、一年を振り返っての評価・感想を述べ、それから来期に向けての抱負や周囲へのリクエストをする──...