HOME旬ワード・Topicsさ行 > 成功の循環サイクル
せいこうのじゅんかんさいくる

成功の循環サイクル

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

「成功の循環サイクル」は、組織、チームでの活動が成功へと進む際に、大きく影響を及ぼすとされるプロセス図です。マサチューセッツ工科大学のMITの元教授、Daniel Kim氏により提唱されました。

協働、チームワークの場においては、「関係の質」と「結果の質」は強い相関関係にあることを説明しています。
「関係の質」は、「思考の質」に大きく働きかけ、それが「行動の質」、「結果の質」に繋がっていき、一巡して関係の質へと影響を与えていきます。

成果を出していく為にはこの相関関係を活用することが大切であり、その際に特に「関係の質」は人々の意識から失われやすく、その点に留意することが重要とされています。

成功の循環サイクル


[成功の循環サイクルに関連する用語]

注目用語

"成功の循環サイクル"に関連するサービス

新入社員研修

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダーの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

3年目社員フォロー研修

渋谷:(1日目)2019年 8月 30 日(金)9:00~18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • 組織開発支援

入社3年目ともなれば、仕事や会社に対する理解も深まり、自分ひとりでも仕事の大部分を進めていける程の 知識やスキルも習得しているのではないでしょうか。 会社としても、さらなる成長や活躍を期待している年代のはず… その一方で、仕事に慣れ始めた入社3年目ともなると、新人の頃ならできたはずの基礎・基本が疎かになったり、 日々の忙しさや他社との比較から会社への不満が募り、顕在化してくる年代とも言えます。 多くの企業では、新入社員研修や管理職研修などの研修は実施している一方で、 社歴が浅い若手社員向けの研修を実施している企業は少ないのではないでしょうか。 入社3年目の若手社員にこそ、周囲に対してポジティブ・インパクトを与えていくために、 自分自身と、そして、会社と向き合う場を設けることが必要です。 当社の3年目社員フォロー研修を通して、3年目社員の方々に 「会社の未来を創るためのリーダーとして、第一歩を踏み出す」きっかけをお渡ししませんか。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/11/21

[部下育成・OJTについて]

部下のモチベーションとは?部下のモチベーションを上げるために上司が知っておきたいこと

若くして上司になると、年齢に差がない部下を持つことになります。   立場が同じ時には人間関係が円滑だったとしても、上司と部下になることでコミュニケーションがうまくいかなくなるケースも多いです。   その際、部下のモチベーションが下がることで、業務遂行に支障が出るケースも少なくありません。&nbs...

HOME旬ワード・Topics部下育成・OJTについて > 成功の循環サイクル