HOME旬ワード・Topicsか行 > 学習する組織
がくしゅうするそしき

学習する組織

  • マネジメント
  • 組織開発支援

マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院の組織学習センターの責任者である、ピーター・センゲ氏によって統合され、広められた組織論。元々はクリス・アージリス氏とドナルド・シェーン紙が最初に提唱されました。

システム思考を基盤とし、個人とチームが相互作用を及ぼしながら、変化を創り出す力を伸ばし続ける状態の組織のことです。
日本ではリクルートや、日産自動車などが実践していると言われています。

世の中のが流れが速く、複雑になる中で、個人個人が組織の目標を意識し、行動することが求められているよ(^^)
同時に、組織も、個人が組織の目標を意識し、行動したくなるような制度や環境を整えていかなければいけないね(^^)

注目用語

"学習する組織"に関連するサービス

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

組織開発支援の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

「共創の探求」ワークショップ 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅より徒歩4分):2018年12月7日(金)10:00~18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • 組織開発支援

「共創」とは、自分の立場、相手の立場と主張するのではなく、お互いの立場を癒合して、新たな場を創り出し、そこからお互いの才能を掛け合わせて新しいアイデアや技術を創り出していくこと・・・ あなたのいる組織は、チーム間で、「共創」できていますか? 組織における真のチームワークとは何か、探求・体感して頂く1日セミナーです。

新任管理職・リーダー職向け
チーム・組織の『成功の循環』 を創造する
リーダーシップ セミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅より徒歩4分):2018/11/20(火)10:00-18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

リーダーは、組織にとって重要な役割です。リーダーシップとは、組織・チームの成果・パフォーマンスを発揮するための機会を創造し実践するための働きかけであり、そのための価値発揮は相応に力量を求められます。 本セミナーは、チーム、組織として結果を出す責任を持つポジションの方々が、与えられた業務環境に対して、全体を見渡すスキル・手法を学び、その上でリーダーとしてどう行動すべきか、また、部下のパフォーマンスを上げるためにどう対応するかを考えていただくセミナーです。 セミナーを通し、最終的には自分が目標とするリーダー像を定めます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/10/03

[人材・育成について]

「ビジネスの基本は”相手目線”」というけれど、そもそも「相手目線」って何?

    「ビジネスの基本は“相手目線”」──とてもよく聞く言葉です。   私たちアーティエンスでも、特に新入社員をはじめとする若手向けの研修時に、よくそのフレーズを活用します。   ところがとある研修時にて、ひとりの受講生の方から、   「相手目線って、何ですか。よく解らないんです...