HOME旬ワード・Topicsか行 > 学習する組織
がくしゅうするそしき

学習する組織

  • マネジメント
  • 組織開発支援

マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院の組織学習センターの責任者である、ピーター・センゲ氏によって統合され、広められた組織論。元々はクリス・アージリス氏とドナルド・シェーン紙が最初に提唱されました。

システム思考を基盤とし、個人とチームが相互作用を及ぼしながら、変化を創り出す力を伸ばし続ける状態の組織のことです。
日本ではリクルートや、日産自動車などが実践していると言われています。

世の中のが流れが速く、複雑になる中で、個人個人が組織の目標を意識し、行動することが求められているよ(^^)
同時に、組織も、個人が組織の目標を意識し、行動したくなるような制度や環境を整えていかなければいけないね(^^)

注目用語

"学習する組織"に関連するサービス

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

組織開発支援の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【オンライン/無料】物足りない管理職には何が必要? ー管理職への期待と現在の課題を考えるー 無料

オンライン(ZOOM予定):2020年11月5日 13:30~15:30
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「自社の管理職、何か物足りない…」そんなお悩みはありませんか。 管理職に関する基礎知識や、管理職の変容をとげた企業事例を通し、”自社の管理職には何が足りないのか”明確にしませんか。

【オンライン/無料】コロナによって自社は変わろうとしているのか?-変われない企業が変わっていくために- 無料

オンライン(ZOOM予定):2020年10月29日 13:30~15:00
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「そろそろうちの会社変わらないと…」と思いながらも、なかなか変われない…そんな状況はありませんか?組織の変わり方は、一様ではありません。貴社が変わっていくための一歩を、共に考えましょう。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/11/28

[人材・育成について]

人は、何歳まで『成長』できる?──「大人になると脳の成長は止まる」は本当?

    皆さんは、以下の諺(ことわざ)をお聞きになったことはありますでしょうか。     「十で神童、十五で才子、二十過ぎれば只の人」     直訳すれば、10歳の頃に「この子は天才!」ともてはやされ、15歳になっては「才能あふれる逸材」と言われて...