HOME旬ワード・Topicsわ行 > 割れ窓理論
われまどりろん

割れ窓理論

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

米国の心理学者、ジョージ・ケリング(G.L.Kelling)博士が提唱した理論。
建物の窓ガラスが割れたまま放置されていると、管理人がいないと思われ、その街で凶悪な犯罪が増加するという理論。ニューヨーク市では地下鉄の無賃乗車や落書き、万引き、違法駐車などの軽犯罪を「割れ窓」に見立て、これらを徹底的に取り締まった結果、劇的に犯罪が減ったとされています。
すなわち、目に見える軽微な犯罪を減少させることで、他の犯罪の誘発を防ぐという考え方です。

この理論、本当に納得しちゃう!
オフィスで、隣の人のデスクが汚いと「自分も別に片さなくてもいいかなあ」って気になっちゃうんだよね。すると、僕の隣の人のデスク上まで散らかり始めちゃうんだ。。。

[割れ窓理論に関連する用語]

注目用語

"割れ窓理論"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

リーダーの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【無料】「中堅社員の意思発信」を探求する ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年12月17日(火)13:30~17:30
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

今後組織の中心となる中堅社員。貴社の中堅はしっかり意思の発信できていますか? 現場への影響度の高く、将来マネジメントを担う立場にある「中堅社員の成長」について、一緒に探求しませんか? 自組織活性化のヒントを見つけに、ぜひお気軽にご参加ください!

周りを動かす意思発信ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分以内):2019年11月15日(金)9:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

意思決定をできない管理職が増えているというお話を聞くことが多くなりました。 管理職の意思決定はインパクトが強く、今後の方向性を決める組織にとって大事なものであることは言うまでもありません。 ただ、管理職になってから、突然「意思決定をしてください」といっても、なかなか難しいのが実情です。 若手・中堅のうちに、しっかりと意思を持ち、発信する習慣を創っていきませんか。  本ワークショップでは、若手・中堅が、意思決定に積極的にかかわっていく大切さ、重要性、考え方を知り、 そして自身で考えた意見をチーム・上司へ発信し、チーム・上司の意思決定をよりパワフルなものにする方法を学びます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/06/27

[人材・育成について]

若手社員にも求められる「リーダーシップ」。──そもそも、リーダーシップとは何か?

      現在、多くの企業様において、若手社員のリーダーシップ力を培おうという働きが活性しています。 拡大・成長の著しいベンチャー企業では、2年目、3年目社員が役職としての「リーダー職」(大企業で言うところの、主任・係長クラス)に抜擢されるというケースも少なくありません。    ...