HOME旬ワード・Topicsま行 > メンター制度
めんたー

メンター制度

  • 育成・OJT
  • マネジメント

メンターとは、仕事をするうえでの、「助言者」や「指導者」の意味です。

メンター制度は、年齢の近い先輩社員を相談役に任命し、新入社員の仕事上の悩みなどについて解決・支援することで、早期退職を防ぎ、モチベーションを維持するようにサポートするものです。

実際にメンター制度を導入した多くの企業では、「悩みを相談できる人が身近にいてよかった」「先輩のアドバイスが参考になった」など、概ねよい評価が得られているようです。

新入社員を育成するために、先輩社員の中から良き指導者かつ相談相手となるために選出されるのがメンターです。メンターが個別対応で、経験の少ない若手社員の夢と目標を引き出し、その目標達成や夢の実現、成長のために、惜しみない指導・支援をする制度です。

人間関係が希薄になり離職率が高まっている今、メンター制度が新しく注目されていますが、これに似た制度でブラザー・シスター制度があります。どちらも、教える先輩社員の方できちんと新入社員の「成長」を担いきれなかった場合は、独り立ちしきれない社員や、実践的ではあるが基礎知識に乏しい社員に育ってしまう可能性もあります。そのため、メンター制度は、新入社員の自発性・自律性を促す研修・教育と、先輩社員の育成力・トレーナースキルを培うOJTトレーナー向けの研修・教育と連携して行わることが多いです。

僕が新入社員の時は、メンター制度はなかったんだけど、気軽にいろいろと相談ができる先輩社員がいたらとっても素敵だよね!

注目用語

"メンター制度"に関連するサービス

新入社員研修

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/07/25

[人材・育成について]

「共創」が働きかけられるときとは、どんなときか

    先日、アーティエンスは2017年度新入社員向けの研修(第8回)を迎え、無事に終了しました。     7月の研修内容は、「コミュニケーション・ダッシュ」。職場でのコミュニケーションを円滑に進めていく為の、実践形式のワークショップです。     そこで、研修を終えて皆...