HOME旬ワード・Topicsま行 > メンタル・モデル
めんたる・もでる

メンタル・モデル

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

人間が外界のものごとに対して見通しをつけるために「これはこういうものだろう」と心に思い浮かべるモデルのことです。 人はなんらかの状況に直面した場合、現状のメンタルモデルに照らして情報を処理しようとします。  

個々のメンタル・モデルは、本人たちにとっての「世の中の見取り図」となり日々の行動の助けとなりますが、その為にも周囲や世の中の変化に合わせて進化・変革させていく必要があります。また、集団生活においては他者とのメンタル・モデルの違いを理解し、尊重し合う姿勢が大切とされています。

メンタルモデルって知らず知らずのうちに適用されちゃうんだよね。

僕もこの前、いつもご飯を入れているお皿がお家の前に置かれて「あ!ご飯の時間だ!」と思って近寄ってみたら、中に何も入っていなかったんだ(・・)
思わず、ぷんぷん怒っちゃった。

あ、でも、これメンタルモデルっていうのかなあ(・_・;)

注目用語

"メンタル・モデル"に関連するサービス

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

コミュニケーションの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

周りを動かす意思発信ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分以内):2019年11月15日(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

意思決定をできない管理職が増えているというお話を聞くことが多くなりました。 管理職の意思決定はインパクトが強く、今後の方向性を決める組織にとって大事なものであることは言うまでもありません。 ただ、管理職になってから、突然「意思決定をしてください」といっても、なかなか難しいのが実情です。 若手・中堅のうちに、しっかりと意思を持ち、発信する習慣を創っていきませんか。  本ワークショップでは、若手・中堅が、意思決定に積極的にかかわっていく大切さ、重要性、考え方を知り、 そして自身で考えた意見をチーム・上司へ発信し、チーム・上司の意思決定をよりパワフルなものにする内容を学びます。

チームビルディング・ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分以内):2019/10/11(金)9:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

みなさんは、高い成果を出すチームにいるメンバーは、どんな様子でどんな表情をしていると思いますか。 本セミナーでは、より高い成果を出すチームとなるための法則とコミュニケーションスキルを学びます。 チームの誰もが、チーム目標を自分ごととして捉え、責任を持ち、意見を発信し、その意見を基によりよい案を創り出していく。今のチームが、成果を出すチームとなっていくための考え方を実践的に学んでいただきます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/11/14

[人材・育成について]

「社員の『評価』は何のためにあるか」を考える。

    先週、旧知の友人と食事をする機会が2回ありました。   どちらの友人(「Aさん」、「Bさん」とします)も、IT企業の人事業務を担っています。   Aさん、Bさんどちらも「普段の仕事のこと」が話題の大部分でした。 かつ、ふたりとも仕事に真剣に向き合うタイプでしたので、おかげで私は新し...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > メンタル・モデル