HOME旬ワード・Topicsま行 > メラビアンの法則
めらびあんのほうそく

メラビアンの法則

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • 育成・OJT

相手に対して、メッセージと印象が矛盾していると感じた時の受け止め方について、相手の何が影響するかを実験により導き出されたもの。

アルバート・メラビアンが行なった実験によると、言語情報(実際に話した内容)が7%、口調やトーン、話しスピードなどの聴覚情報が38%、態度やジェスチャーなどの視覚情報が55%の割合だったそうです。このことから、非言語メッセージが相手に及ぼす影響が広く認知されるようになったと言われています。

この法則を知ったときは、僕も驚いたよ~(・・)

お客さまからや上司から信頼される社会人になるために、見た目と話し方は気をつけなきゃな!

[メラビアンの法則に関連する用語]

注目用語

"メラビアンの法則"に関連するサービス

ビジネスマナー・スタンダード(ビジネスマナー研修)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

新入社員向けの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【公開講座】新人・OJTトレーナー合同研修

オンライン、もしくは渋谷会場:
  • 新入社員向け
  • 育成・OJT

入社半年のタイミングで自らの成長・変化を実感したうえで、今後の更なる活躍に向けてOJTトレーナー・新入社員が共に探求します。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/11/28

[人材・育成について]

部下を上手く褒めるには?上司が知っておきたい伝えるスキル“Iメッセージ”とは

突然ですが、あなたは最近、どんな場面で部下を褒めましたか? というのも、「褒める」という行為が苦手な上司の方は、案外たくさんいらっしゃいます。  確かに、年齢や立場が違う相手を褒めるというのは、ある程度の気恥ずかしさは拭えないものかもしれません。   しかし同時に、「褒める」という行為は...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > メラビアンの法則