HOME旬ワード・Topicsま行 > メラビアンの法則
めらびあんのほうそく

メラビアンの法則

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • 育成・OJT

相手に対して、メッセージと印象が矛盾していると感じた時の受け止め方について、相手の何が影響するかを実験により導き出されたもの。

アルバート・メラビアンが行なった実験によると、言語情報(実際に話した内容)が7%、口調やトーン、話しスピードなどの聴覚情報が38%、態度やジェスチャーなどの視覚情報が55%の割合だったそうです。このことから、非言語メッセージが相手に及ぼす影響が広く認知されるようになったと言われています。

この法則を知ったときは、僕も驚いたよ~(・・)

お客さまからや上司から信頼される社会人になるために、見た目と話し方は気をつけなきゃな!

[メラビアンの法則に関連する用語]

注目用語

"メラビアンの法則"に関連するサービス

ビジネスマナー・スタンダード(ビジネスマナー研修)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/08

[部下育成・OJTについて]

部下のマネジメントに悩んだときに役立つ 「モチベーション×スキルのマトリックス」って?

終身雇用・年功序列が当たり前だった時代の日本企業は、部下にとって上司のいうことは絶対でしたし、会社にロールモデルがいるので仕事のスタイルを見つけるのも難しくありませんでした。  しかし、能力主義で年齢に関係なく管理職に登用される現代、若者の仕事に対する価値観も多様化しており、マネジメントのアプローチ方法は同じでも、部下の受け止め方...

HOME旬ワード・Topics部下育成・OJTについて > メラビアンの法則