HOME旬ワード・Topicsま行 > メタ認知
めたにんち

メタ認知

  • ビジネススキル
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

メタ認知とは、現在進行中の自分の思考や行動そのものを対象化して認識することにより、自分自身の認知行動を把握することができる能力を言います。

一言で言うと、「認知を認知すること」。

「メタ」とは「高次の」という意味です。そして、「認知」とは、一般に思考、知覚、学習、記憶、言語、学習することなどを指します。
つまり、認知(思考、知覚、記憶、言語、学習すること)することをより高い視点から認知するという意味です。
例えるならば、自分が行っている認知活動に対して、「ひとつ上のレベル」からさらに認知をしているような状態、もう一人の自分が自分の認知活動を見守っている状態を言います

meta_ninchi

メタ認知を鍛えるには、日記を書くことが有効らしいんだ(・・)

日記を書く際には、

・自分の思考を文章や図に落とし込む
・失敗について書くときは、客観的に顧みて、どうしてミスしたのか、どうすれば繰り返さなくなるのか

をきちんと考えることが大切だよ。

注目用語

"メタ認知"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

新入社員研修

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/08

[部下育成・OJTについて]

OJTの「仕組み」をつくる -新人が育つ現場の仕組み、どこからつくっていく?―

正式名称をOn the Job Trainingという「OJT」が日本で取り入れられるようになったのは、1970年代からです。   当時の日本企業は終身雇用・年功序列が一般的だったので、実際に働く現場で、上司や先輩の指導を受けながら業務を教わり学んでいく教育訓練であるOJTは、理にかなった研修方法でした。 ...