HOME旬ワード・Topicsま行 > メタ認知
めたにんち

メタ認知

  • ビジネススキル
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

メタ認知とは、現在進行中の自分の思考や行動そのものを対象化して認識することにより、自分自身の認知行動を把握することができる能力を言います。

一言で言うと、「認知を認知すること」。

「メタ」とは「高次の」という意味です。そして、「認知」とは、一般に思考、知覚、学習、記憶、言語、学習することなどを指します。
つまり、認知(思考、知覚、記憶、言語、学習すること)することをより高い視点から認知するという意味です。
例えるならば、自分が行っている認知活動に対して、「ひとつ上のレベル」からさらに認知をしているような状態、もう一人の自分が自分の認知活動を見守っている状態を言います

meta_ninchi

メタ認知を鍛えるには、日記を書くことが有効らしいんだ(・・)

日記を書く際には、

・自分の思考を文章や図に落とし込む
・失敗について書くときは、客観的に顧みて、どうしてミスしたのか、どうすれば繰り返さなくなるのか

をきちんと考えることが大切だよ。

注目用語

"メタ認知"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

新入社員研修

リーダーの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【オンライン/無料/参加特典あり】なぜ、自社の管理職はつまらなそうなのか?を紐解く 無料

オンライン(ZOOM予定):
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「うちの管理職、何だかつまらなそう…。つらそうだな…。」そんなふうに感じてしまった経験はありませんか?

VUCAの時代、コロナ渦によるテレワークの増加、働き方や価値観の多様化…など働く人々を取り巻く環境は、日々目まぐるしく変化しています。

正解のないこれからの時代、管理職に対する期待や重要度はより一層高まる一方で、その役割や変化にうまく適応ができず、苦しむ管理職は少なくありません。

本セミナーを通して、「つまらなそうな管理職」になってしまう要因を整理するとともに、管理職として、部下やチームのパフォーマンスを高め、成果を上げていくためのポイントを、他社事例の紹介や質疑応答を交えながら、一緒に考えてみませんか?

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/07/25

[人材・育成について]

「共創」が働きかけられるときとは、どんなときか

    先日、アーティエンスは2017年度新入社員向けの研修(第8回)を迎え、無事に終了しました。     7月の研修内容は、「コミュニケーション・ダッシュ」。職場でのコミュニケーションを円滑に進めていく為の、実践形式のワークショップです。     そこで、研修を終えて皆...