HOME旬ワード・Topicsま行 > ミラー効果
みらーこうか

ミラー効果

  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • 営業
  • 育成・OJT
  • リーダー

「ミラー効果(ミラーリング効果)」とは、心理学で使われる言葉で「同調効果」または「姿勢反響」とも言われます。

好意を持つ相手のしぐさ、表情あるいは動作を自分が無意識に真似てしまったり、または 自分と同じような仕草や表情を行う相手に好感を抱く効果をミラー効果と言います。

人は、無意識・意識的に関わらず、相手を真似るという行為を「相手に対する尊敬や好意の気持ちを表現したもの」として認識されるそうです。 『自分のしぐさを真似る人は仲間であり味方である』という認識を無意識のうちに持つ訳です。

  多くの心理学的研究により、優れた営業成績を持つ営業マンや販売員は、顧客のしぐさや表情をミラーリングする傾向が高いということが知られています。 ミラーリングにより、好意や尊敬の念をお客に無意識に伝え、商談を有利に進める一助としているということですね。非常に面白い事象です。

このように、テクニックとして相手に好感をもってもらおうと意識的にミラーリングを使用するといったこともありますが、これがあからさまであったり不自然であった場合は、逆に相手に疑念感や不快感を持たせてしまうこともありますので注意しましょう。

また、ミラー効果は、動作だけでなく言語(発言)にも応用することが出来ると言われています。


注目用語

"ミラー効果"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

コミュニケーションの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

キャリア・オブ・ファン

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年12月13日(金)9:00~18:00
  • 新入社員向け
  • コミュニケーション

「自分って成長できてるんだろうか?」 「これからどう進んでいくのか、イメージできない…」 「いつも失敗して怒られてばかり…」 貴社の若手社員や新入社員は、このようなお悩みもってないでしょうか? 本研修では、自分自身の「現状」と「課題」にしっかりと向き合い(課題をポジティブに捉え)、これからの「目指したい姿」を探求していきます。 2019年1年間の若手・新入社員の方々の振り返りの場、 そして2020年度の良いスタートダッシュをきれる、きっかけ場としてぜひご活用ください。

周りを動かす意思発信ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分以内):2019年11月15日(金)9:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

意思決定をできない管理職が増えているというお話を聞くことが多くなりました。 管理職の意思決定はインパクトが強く、今後の方向性を決める組織にとって大事なものであることは言うまでもありません。 ただ、管理職になってから、突然「意思決定をしてください」といっても、なかなか難しいのが実情です。 若手・中堅のうちに、しっかりと意思を持ち、発信する習慣を創っていきませんか。  本ワークショップでは、若手・中堅が、意思決定に積極的にかかわっていく大切さ、重要性、考え方を知り、 そして自身で考えた意見をチーム・上司へ発信し、チーム・上司の意思決定をよりパワフルなものにする方法を学びます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/08

[部下育成・OJTについて]

部下のマネジメントに悩んだときに役立つ 「モチベーション×スキルのマトリックス」って?

終身雇用・年功序列が当たり前だった時代の日本企業は、部下にとって上司のいうことは絶対でしたし、会社にロールモデルがいるので仕事のスタイルを見つけるのも難しくありませんでした。  しかし、能力主義で年齢に関係なく管理職に登用される現代、若者の仕事に対する価値観も多様化しており、マネジメントのアプローチ方法は同じでも、部下の受け止め方...