HOME旬ワード・Topicsま行 > ミドル・マネジメント
みどる・まねじめんと

ミドル・マネジメント

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

日本語では中間管理職を言われる立場です。トップマネジメントとメンバーをつなぐ役割であり、特定の部門やチームの管理責任者でもあります。

アーティエンスでもミドル・マネジメント層の育成に関する相談が増えているんだよ。変化の激しい市場で成果を出さなきゃならない、難しいポジションなんだね。

注目用語

"ミドル・マネジメント"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・リーダー研修・OJT研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための手法を学びます。

マネジメントオブファン(管理職研修)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われた渋沢栄一の著書、 『論語と算盤』に出てくる言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/09/18

[人材・育成について]

半年が経過したけれど、新入社員が思うように育たなかった…なぜ?

    9月も中旬に差し掛かり、大分秋らしい気候が感じられるようになりました。     この時期は、新社会人として半年間の経験を積んだ新入社員の方々の、成長や変化の度合いが顕在化されやすい(意識されやすい)時期でもあるでしょう。   私達アーティエンスも、この時期は人事の方々との「今...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > ミドル・マネジメント