HOME旬ワード・Topicsま行 > ミッションステートメント
みっしょんすてーとめんと

ミッションステートメント

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

ビジネスにおいては、企業と従業員が共有すべき使命、価値観を、具体的な行動指針や方針にして、言語化されてたものを指します。和訳では社是ですが、組織によって定義は様々のようです。

Apple(創業者スティーブ・ジョブス)のミッション
「我々のミッションは、すべての家庭にパーソナルコンピューターを入れること」

リッツカールトンホテルの理念(私たちの使命)
「真の気遣いや素晴らしい製品、サービスをお届けすることで、確固たる利益に貢献します」

ソフトバンクの経営理念
「情報革命で人々を幸せに」

松下電工 松下幸之助により説かれた使命
「産業人の使命は貧乏の克服である。そのためには、物資の生産に次ぐ生産をもって富を増大させなければならない。水道の水は加工され価あるものであるが、通行人がこれを飲んでもとがめられない。それは量が多く、価格があまりにも安いからである。産業人の使命も、水道の水のごとく物資を豊富にかつ廉価に生産提供することである。それによってこの世から貧乏を克服し、人々に幸福をもたらし、楽土を建設することができる。わが社の真の使命もまたそこにある」

アーティエンスのミッションステートメントは「ベンチャ―企業を次のステージへ」。
ベンチャー企業は創業からの年数や規模ではなくて、「挑戦する会社」という意味だから、お客様も様々な企業があるんだよ。

[ミッションステートメントに関連する用語]

注目用語

"ミッションステートメント"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・リーダー研修・OJT研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための手法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

リーダーの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

意外と知らない講師ベーシックスキル 研修

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2020年3月12日(木)13:30~17:30
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー

「プロの講師は、すごい!」!という話を聞くことも多いですが、適切なスキルを知っているだけで、社内講師のパフォーマンスは大きく高まります。 外部の講師ではなく、社内講師だからこそ伝えられること、教えることができることもあります。 まずは講師ベーシックスキルを押さえてみませんか?

「研修・ワークショップの学習効果を高める場の設計」を 探求するワークショップ

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2020年2月27日(木)13:30~17:30
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • 組織開発支援

研修には3つのプロセスがあります。「研修準備、研修当日、フォロー」があり、最も重要なパートは、研修準備だと言われています。そして、準備をしながらも、研修の場をより素晴らしいものにしていくためには、当日の臨機応変な対応が必要になります。 本ワークショップでは、研修準備の方法と、当日の研修運用方法を学びます。 研修・ワークショップの現場をより素晴らしい場にするために、参加者と共に創っていく方法を学びませんか?

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/08

[部下育成・OJTについて]

OJTの「仕組み」をつくる -新人が育つ現場の仕組み、どこからつくっていく?―

正式名称をOn the Job Trainingという「OJT」が日本で取り入れられるようになったのは、1970年代からです。   当時の日本企業は終身雇用・年功序列が一般的だったので、実際に働く現場で、上司や先輩の指導を受けながら業務を教わり学んでいく教育訓練であるOJTは、理にかなった研修方法でした。 ...

HOME旬ワード・Topics部下育成・OJTについて > ミッションステートメント