HOME旬ワード・Topicsは行 > ブラザー・シスター制度
ぶらざー・しすたーせいど

ブラザー・シスター制度

  • 新入社員向け
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

ブラザー・シスター制度とは、新人社員毎に、先輩社員がつき、業務・礼儀作法等のチェックやアドバイス、管理をしてくれる制度です。

教える先輩社員の方は、普段自身が行っていた行動を教えるということで、教える為に内容を熟知していなくてはと、自然とスキルアップすることになります。また、教わる新入社員の方も、より実践的な技能を吸収する機会に恵まれるので、スキルのボトムアップになるケースも多いと言われています。

ただし、教える先輩社員の方できちんと新入社員の「成長」を担いきれなかった場合は、独り立ちしきれない社員や、実践的ではあるが基礎知識に乏しい社員に育ってしまう可能性もあります。そのため、ブラザー・シスター制度は、新入社員の自発性・自律性を促す研修・教育と、先輩社員の育成力・トレーナースキルを培うOJTトレーナー向けの研修・教育と連携して行わることが多いです。

「ブラザー・シスター」って呼べる先輩って、とってもすてきだなあ(・・)

[ブラザー・シスター制度に関連する用語]

注目用語

"ブラザー・シスター制度"に関連するサービス

新入社員研修

トレーナーオブファン(OJT研修)

リーダーオブファン(リーダー研修)

マネジメントオブファン(管理職研修)

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/02

[学びの探求]

到来する「個の時代」と、知っておきたい「ダイアログ(対話)」の在り方

  「これからは個の時代」──そんなフレーズをよく耳にするようになりました。   「価値観の多様性が進み、これまでのいわば画一的な物事の進め方より、個々の人たちが持つ『強み』や『特性』を活用したほうが効果的だ」という考えがどんどん広まってきています。   一方で、「この人とは合わない」、「チームで険悪な...

HOME旬ワード・Topics学びの探求 > ブラザー・シスター制度