HOME旬ワード・Topicsは行 > ファスト思考とスロー思考
ふぁすとしこうとすろーしこう

ファスト思考とスロー思考

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

ファスト思考・スロー思考はアメリカ合衆国の心理学者、行動経済学者であるダニエル・カーネマンにより提唱されました。

人間の脳には2つの思考モードがあると言われています。
一つが「速い(ファスト)な思考」、もう一つが「遅い(スロー)思考」です。

ファスト思考は、「直感的に、過去の習慣に基づいて判断」する思考です。例えば、
───────────────────────────────────────────────────────────────────
・信号がもうすぐ赤に変わる。急いで渡ろう。
・スズメバチだ!刺されないように気を付けないと!
・この人は実績もあるし、見た感じ誠実そうに見える。信頼できそうだ。
───────────────────────────────────────────────────────────────────
といった即自的に決断に至る思考です。

それに対してスロー思考は「遅い思考、論理的-理性的」な思考です。例えば、
───────────────────────────────────────────────────────────────────
・最近睡眠不足で体調が悪いな。どうやったら改善できるだろう?
・この企画書を、より高く評価してもらう為にはどうしたら良いだろう。
・今日の予定を整理して、2時間くらいのまとまった空き時間を確保したいんだけど、
 どうしようかな?
───────────────────────────────────────────────────────────────────
といった、決断に至るまで深い考案や検討が必要となる思考です。

どちらの方が良い、というのではなく、状況に応じて人はファスト思考とスロー思考を使い分けているのですが、重要なのは、人は本能的にはスロー思考よりもファスト思考を優先的に選択する傾向がある、ということです。

例えば、【ハロー効果】。同じ内容の説明でも、自信たっぷりの好青年からの説明だと、より共感・賛同されやすくなります。その他にも、人は、本能的に慣れ親しんだものを好む傾向があります【認知容易性】。親しみを抱くもの、快く感じるものは認知されやすく、そういったとき人は直観を信じ、慣れ親しんだ状態を心地よく感じます。

これら人間が持つ本能に依りすぎると、人はスロー思考よりファスト思考を多く使う傾向が進み、本来じっくり精査して考えるべき事象についてもファスト思考にて(感覚的・直感的に)解決しようとするようになります。

グローバル化や情報の専門化、多様化が進む中、人々が直面する課題・問題はより複雑性が増してきています。そのような中、私たちはスロー思考を多く活用し、深い考察と探求を持って、現代社会と向き合っていく必要があるのではないでしょうか。


注目用語

"ファスト思考とスロー思考"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

管理職研修

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

リーダー研修

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

OJTトレーナー養成研修

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【オンライン/無料/参加特典あり】管理職起点で創る“成果に繋がる”心理的安全性 無料

オンライン(ZOOM予定):
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • マネジメント


コロナ渦になり、人々の働く環境は急激に変化しています。
これまで当たり前のよう行っていたコミュニケーションが取りにくくなり、管理職に期待されるマネジメント・チーム運営・部下育成のスタイルも大きく変わってきています。
――結局、管理職には何を渡せると良いのでしょうか?
本セミナーでは、テレワークが急増する中で改めて注目される「心理的安全性」の創り方を紐解きながら、自社の管理職の育成方針を“3つの要素”とともに考えていきます。

【オンライン/無料/参加特典あり】管理職はなぜ「つまらなそうで、期待に応えてくれない」のか?を紐解く 無料

オンライン(ZOOM予定):
  • 新入社員向け
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「うちの管理職、何だかつまらなそう…なんで期待に応えてくれないんだろう…」と感じてしまった経験はありませんか?

VUCAの時代、コロナ渦によるテレワークの増加、働き方や価値観の多様化…など働く人々を取り巻く環境は、日々目まぐるしく変化しています。

正解のないこれからの時代、管理職に対する期待や重要度はより一層高まる一方で、その役割や変化にうまく適応ができず、苦しむ管理職は少なくありません。

本セミナーを通して、「つまらなそうな管理職」になってしまう要因を整理するとともに、管理職として、部下やチームのパフォーマンスを高め、成果を上げていくためのポイントを、他社事例の紹介や質疑応答を交えながら、一緒に考えてみませんか?

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/07/11

[人材・育成について]

若手社員とのギャップが埋められない。
──そもそも、「ギャップ」とはどんなものか?

    「近頃の若手社員の考えていることが良く分からない」     「そもそも若者と中年以上では価値観が違うから、話が合わない」     「自分の若いころと、今の若い世代とは考え方が全く違う」         インターネッ...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > ファスト思考とスロー思考