HOME旬ワード・Topicsは行 > ファシリテーター
ふぁしりてーたー

ファシリテーター

  • その他

会議やミーティング、研修など複数人が集う場にて、議事進行を務める人のことです。

ファシリテータは中立な立場を守り、参加者の心の動きや状況を見ながら、プログラムを進行していきます。段取り・進行・プログラムを鑑みながら、問題の解決や合意の形成に導く役割も持ちます。

スムーズな進行と、深い議論、参加者の意見を引き出していくのに、ファシリテータの腕が問われる場合があります。

インストラクターは指導者・伝授タイプであるのに対し、ファシリテーターは、促進者・触媒タイプが適任とされています。また、優秀なファシリテーターは、参加者自身の気づきを促すことができるとされます。

ファシリテーターって、専門職としてのプロもいるし、それぞれ専門の分野もあったりする奥の深い世界だね。
でも少しトレーニングをすれば、誰でも会議のファシリテーションなんかはできるようになるんだって。社内会議や営業先にでもファシリテーターとして機能すれば、業務を生産的・効率的にできるね。ちなみにロジカルシンキングは必須だよ。

[ファシリテーターに関連する用語]

注目用語

"ファシリテーター"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/05/02

[人材・育成について]

今年の新入社員の傾向は──2017年卒新入社員研修(4月)を振り返って

    「本日の研修を受けて、自分自身の未熟な点を沢山知ることになり、強い挫折感と不安を感じています」         2017年4月の新入社員研修を実施した際に、とある受講生(以後「Aさん」とします)から、このような相談を受けました。    ...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > ファシリテーター