HOME旬ワード・Topicsか行 > コーチング
こーちんぐ

コーチング

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術です。育成の差異も相手の能動性を引き出すうえで、有効な手段とされています。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すことを目的とします。

教えることで能力を伸ばすティーチングとは異なり、コーチングは「答えはその人の中にある」という原則に基づいて、自立的に目的を達成するためのサポートを行います。
大きくはパーソナルコーチング、企業向けビジネスコーチングの2種類があります。

答えは相手の中にあるって、頭で分かっていても、実際に相手を目の前にすると難しいもの。
ついつい、自分の意見を言ってしまったり、指導してしまったりするよね(._.)
コーチングの能力があれば、もっとポジティブな関係や組織を作れるかもしれないね(^^)

注目用語

"コーチング"に関連するサービス

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/29

[人材・育成について]

部下の目標設定は【SMART】の法則+αを意識する

新入社員や経験の浅い社員を育成するうえで、「目標設定」は大切なものです。  しかし、なぜ目標設定が必要なのか、どのように目標設定をしたらよいのかについて、きちんと理解していなければ、部下の成長にはつながりません。   また、目標設定の仕方によって、部下のモチベーションが変わります。  そこで今回は...