HOME旬ワード・Topicsあ行 > インターンシップ
いんたーんしっぷ

インターンシップ

  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援

学生に、実際に企業に赴かせ、一定期間職場体験をさせ、就業体験の機会を提供する制度。
日本においては、大学本科生では3年次の夏・春の長期休暇中にインターンシップを行う企業がほとんどです。本格化する就職活動に先駆けて就業体験を積むことにより、就職活動本番でのミスマッチを防ぐという目的があります。
就職サイトでも、従来の就職情報に加え、インターンシップ情報も提供するサイトが増えています。
企業側も、優秀な人材確保や適性判断につながるとして、採用活動に先駆けて、インターンシップ制度を導入するケースが目立っています。

今はいろんなインターンシップがあるよね^^
インターンシップにいくこと自体が目的となるのではなく、インターンシップで何を学ぶのか、どう活かせるのか、をしっかり考えて取り入れていきたいね!

注目用語

"インターンシップ"に関連するサービス

ビジネススキル研修

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

リーダーオブファン(リーダー研修)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

マネジメントオブファン(管理職研修)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

トレーナーオブファン(OJT研修)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/06/27

[人材・育成について]

若手社員にも求められる「リーダーシップ」。──そもそも、リーダーシップとは何か?

      現在、多くの企業様において、若手社員のリーダーシップ力を培おうという働きが活性しています。 拡大・成長の著しいベンチャー企業では、2年目、3年目社員が役職としての「リーダー職」(大企業で言うところの、主任・係長クラス)に抜擢されるというケースも少なくありません。    ...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > インターンシップ