HOME旬ワード・Topicsあ行 > イノベーションのジレンマ
いのべーしょんのじれんま

イノベーションのジレンマ

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授が、1997年に初めて提唱した、大企業におけるイノベーションのむずかしさを説明した理論であり、新興企業を相手にブランドやポジションを失墜する仕組みを説明したものです。

新興市場へ参入する際、従来の価値基準に基づかない技術やサービスが必要とされることがあり、それが結果として従来の価値を破壊すること(破壊的イノベーション)があり得ます。大企業は、従来の価値に改良を加えることで価値を高める傾向が強く、破壊的イノベーションを軽視することが往々にしてあるでしょう。
しかし、破壊的イノベーションが認知され評価された結果、従来の価値基準が壊れ、大企業が自社の地位を喪失することがある、というものです。

企業が大きくなればなるほど、革新はおきづらくなるって言われている。組織が複雑だし、何かを決定する上で踏むべきフローがたくさんあるからね(._.)

[イノベーションのジレンマに関連する用語]

注目用語

"イノベーションのジレンマ"に関連するサービス

ビジネススキル・スタンダード(ビジネススキル研修)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

新任管理職・リーダー職向け
チーム・組織の『成功の循環』 を創造する
リーダーシップ セミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅より徒歩4分):2018/6/19(火)10:00-18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

リーダーは、組織にとって重要な役割です。リーダーシップとは、組織・チームの成果・パフォーマンスを発揮するための機会を創造し実践するための働きかけであり、そのための価値発揮は相応に力量を求められます。 本セミナーは、チーム、組織として結果を出す責任を持つポジションの方々が、与えられた業務環境に対して、全体を見渡すスキル・手法を学び、その上でリーダーとしてどう行動すべきか、また、部下のパフォーマンスを上げるためにどう対応するかを考えていただくセミナーです。 セミナーを通し、最終的には自分が目標とするリーダー像を定めます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/07/25

[人材・育成について]

「共創」が働きかけられるときとは、どんなときか

    先日、アーティエンスは2017年度新入社員向けの研修(第8回)を迎え、無事に終了しました。     7月の研修内容は、「コミュニケーション・ダッシュ」。職場でのコミュニケーションを円滑に進めていく為の、実践形式のワークショップです。     そこで、研修を終えて皆...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > イノベーションのジレンマ