HOME旬ワード・Topicsあ行 > イノベーションのジレンマ
いのべーしょんのじれんま

イノベーションのジレンマ

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授が、1997年に初めて提唱した、大企業におけるイノベーションのむずかしさを説明した理論であり、新興企業を相手にブランドやポジションを失墜する仕組みを説明したものです。

新興市場へ参入する際、従来の価値基準に基づかない技術やサービスが必要とされることがあり、それが結果として従来の価値を破壊すること(破壊的イノベーション)があり得ます。大企業は、従来の価値に改良を加えることで価値を高める傾向が強く、破壊的イノベーションを軽視することが往々にしてあるでしょう。
しかし、破壊的イノベーションが認知され評価された結果、従来の価値基準が壊れ、大企業が自社の地位を喪失することがある、というものです。

企業が大きくなればなるほど、革新はおきづらくなるって言われている。組織が複雑だし、何かを決定する上で踏むべきフローがたくさんあるからね(._.)

[イノベーションのジレンマに関連する用語]

注目用語

"イノベーションのジレンマ"に関連するサービス

ビジネススキル研修

新任管理職研修

システム思考ワークショップ

組織開発・組織変革

マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【オンライン/無料/参加特典あり】管理職はなぜ「つまらなそうで、期待に応えてくれない」のか?を紐解く 無料

オンライン(ZOOM予定):
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「うちの管理職、何だかつまらなそう…なんで期待に応えてくれないんだろう…」と感じてしまった経験はありませんか?
VUCAの時代、コロナ渦によるテレワークの増加、働き方や価値観の多様化…など働く人々を取り巻く環境は、日々目まぐるしく変化しています。
正解のないこれからの時代、管理職に対する期待や重要度はより一層高まる一方で、その役割や変化にうまく適応ができず、苦しむ管理職は少なくありません。
本セミナーを通して、「つまらなそうな管理職」になってしまう要因を整理するとともに、管理職として、部下やチームのパフォーマンスを高め、成果を上げていくためのポイントを、他社事例の紹介や質疑応答を交えながら、一緒に考えてみませんか?

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2020/11/26

[新入社員・若手社員について]

オンライン?リアル?withコロナにおける2021年の新入社員研修とは ~オンライン研修の効果を高めていくために~

前回のコラムでは、「コロナ禍により起きた新入社員育成の課題」を考えていきました。 今回は、具体的なオンライン研修の内容を中心に、withコロナにおける新入社員の育成方法をご一緒に考えていきたいと思います。 コロナ禍により、多くの組織において今まで活用が少なかったオンライン研修が脚光を浴びました。今後、オンライン研修の機会が多くなっていきますが...

HOME旬ワード・Topics新入社員・若手社員について > イノベーションのジレンマ