HOME旬ワード・Topicsあ行 > イノベーションのジレンマ
いのべーしょんのじれんま

イノベーションのジレンマ

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授が、1997年に初めて提唱した、大企業におけるイノベーションのむずかしさを説明した理論であり、新興企業を相手にブランドやポジションを失墜する仕組みを説明したものです。

新興市場へ参入する際、従来の価値基準に基づかない技術やサービスが必要とされることがあり、それが結果として従来の価値を破壊すること(破壊的イノベーション)があり得ます。大企業は、従来の価値に改良を加えることで価値を高める傾向が強く、破壊的イノベーションを軽視することが往々にしてあるでしょう。
しかし、破壊的イノベーションが認知され評価された結果、従来の価値基準が壊れ、大企業が自社の地位を喪失することがある、というものです。

企業が大きくなればなるほど、革新はおきづらくなるって言われている。組織が複雑だし、何かを決定する上で踏むべきフローがたくさんあるからね(._.)

[イノベーションのジレンマに関連する用語]

注目用語

"イノベーションのジレンマ"に関連するサービス

ビジネススキル・スタンダード(ビジネススキル研修)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/10/03

[人材・育成について]

「ビジネスの基本は”相手目線”」というけれど、そもそも「相手目線」って何?

    「ビジネスの基本は“相手目線”」──とてもよく聞く言葉です。   私たちアーティエンスでも、特に新入社員をはじめとする若手向けの研修時に、よくそのフレーズを活用します。   ところがとある研修時にて、ひとりの受講生の方から、   「相手目線って、何ですか。よく解らないんです...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > イノベーションのジレンマ