HOME旬ワード・Topicsあ行 > イノベーションのジレンマ
いのべーしょんのじれんま

イノベーションのジレンマ

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授が、1997年に初めて提唱した、大企業におけるイノベーションのむずかしさを説明した理論であり、新興企業を相手にブランドやポジションを失墜する仕組みを説明したものです。

新興市場へ参入する際、従来の価値基準に基づかない技術やサービスが必要とされることがあり、それが結果として従来の価値を破壊すること(破壊的イノベーション)があり得ます。大企業は、従来の価値に改良を加えることで価値を高める傾向が強く、破壊的イノベーションを軽視することが往々にしてあるでしょう。
しかし、破壊的イノベーションが認知され評価された結果、従来の価値基準が壊れ、大企業が自社の地位を喪失することがある、というものです。

企業が大きくなればなるほど、革新はおきづらくなるって言われている。組織が複雑だし、何かを決定する上で踏むべきフローがたくさんあるからね(._.)

[イノベーションのジレンマに関連する用語]

注目用語

"イノベーションのジレンマ"に関連するサービス

ビジネススキル・スタンダード(ビジネススキル研修)

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2019/01/29

[人材・育成について]

部下の目標設定は【SMART】の法則+αを意識する

新入社員や経験の浅い社員を育成するうえで、「目標設定」は大切なものです。  しかし、なぜ目標設定が必要なのか、どのように目標設定をしたらよいのかについて、きちんと理解していなければ、部下の成長にはつながりません。   また、目標設定の仕方によって、部下のモチベーションが変わります。  そこで今回は...

HOME旬ワード・Topics人材・育成について > イノベーションのジレンマ