HOME旬ワード・Topicsあ行 > アンガーマネジメント
あんがーまねじめんと

アンガーマネジメント

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

怒り(アンガ―)を自らコントロールすることで、より適切な他者とのコミュニケーションができるようになるとする、セルフマネジメントスキル。

アメリカで依存症患者への治療プログラムとして開発されましたが、スポーツ選手やビジネスパーソンなどが活用するようになりました。

一般に、衝動にまかせて怒りを爆発させるのではなく、上手にコントロールして適切な問題解決やコミュニケーションに結びつけることをいいます。 自分自身の怒りやイライラと向き合い、その要因や傾向を客観的に把握することで、衝動性が高まっても自分で抑制できるように習慣づけることがアンガーマネジメントでは重要です。 職場の人間関係のトラブルなどを背景に、企業からの注目が高まり、社員研修などへの導入も広がっています。

アンガ―マネジメントの定義は、「怒りで後悔しないこと」なんだって。確かに怒ったことで後悔することもあれば、怒れなくて後悔することもあるよね。なるほど!と思ったよ。

注目用語

"アンガーマネジメント"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

[部下育成・OJTについて]

ダイアログレポート「部下の育成について」

本レポートは、2018年3月6日に実施された「OJTトレーナーセミナー」にて、最後に実施された「ダイアログ」の様相をお伝えするものです。  (今回は、4月10日のメルマガでお送りいたしました、同日程のOJTトレーナーセミナーにて、別クラスで開催されたダイアログレポートとなります)   「ダイアログ」とは簡単に...

HOME旬ワード・Topics部下育成・OJTについて > アンガーマネジメント