HOME旬ワード・Topicsあ行 > アクションラーニング
あくしょんらーにんぐ

アクションラーニング

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

実際の市場や組織の課題に対して、参加者が自ら解決策を考え、実行し、検証し、問題解決を行うことで、個人や組織として学習を行い、組織能力の向上へつなげるチーム学習法です。

主に、戦略立案、マーケティング、リーダー育成などの研修で取り入れられることの多い手法なんだって。今は、座学よりも実際にやってみる研修のほうがニーズが高いんだって。

[アクションラーニングに関連する用語]

注目用語

"アクションラーニング"に関連するサービス

トレーナーオブファン(OJT研修)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダーオブファン(リーダー研修)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

組織開発支援の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

3年目社員フォロー研修

渋谷:(1日目)2019年 8月 30 日(金)9:00~18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • 組織開発支援

入社3年目ともなれば、仕事や会社に対する理解も深まり、自分ひとりでも仕事の大部分を進めていける程の 知識やスキルも習得しているのではないでしょうか。 会社としても、さらなる成長や活躍を期待している年代のはず… その一方で、仕事に慣れ始めた入社3年目ともなると、新人の頃ならできたはずの基礎・基本が疎かになったり、 日々の忙しさや他社との比較から会社への不満が募り、顕在化してくる年代とも言えます。 多くの企業では、新入社員研修や管理職研修などの研修は実施している一方で、 社歴が浅い若手社員向けの研修を実施している企業は少ないのではないでしょうか。 入社3年目の若手社員にこそ、周囲に対してポジティブ・インパクトを与えていくために、 自分自身と、そして、会社と向き合う場を設けることが必要です。 当社の3年目社員フォロー研修を通して、3年目社員の方々に 「会社の未来を創るためのリーダーとして、第一歩を踏み出す」きっかけをお渡ししませんか。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/11/13

[部下育成・OJTについて]

部下が育つ「相互理解→相互支援→相互成長」のコミュニケーションとは

上司、トレーナーにとって「部下育成」は非常に重要な役割の一つです。  しかし、いざ指導する立場になったとき、「具体的に何をすればいいのか分からない……」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?   「職場でのコミュニケーション?」「改善点や業務の効率についてのアドバイス?」  今回は、...

HOME旬ワード・Topics部下育成・OJTについて > アクションラーニング