HOME旬ワード・Topicsな行 > なぜなぜ分析
なぜなぜぶんせき

なぜなぜ分析

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル

問題のある結果や状態に対して、その発生原因をなぜ?で堀り下げることで、根本的な原因(真因)を見出す手法。

トヨタ自動車が社内で継承しており、品質管理・労働安全管理の手法として知られる「トヨタ生産方式」の中の一つです。
目安として5回掘り下げると真因に到達すると言われています。

別名「なぜなぜ5回」

寝坊をして遅刻をしてしまった、という事象に解決策を打つと「遅刻をしないように目覚ましを増やす」や「モーニングコールを依頼する」などとなりますが、なぜなぜ分析にで掘り下げていくと、以下のような真因が見えてきます。

現象「寝坊をして遅刻をしてしまった」
原因1「夜寝るのが遅かった」
原因2「仕事の持ちかえりが多く、なかなか仕事が終わらなかった」
原因3「明日までに作成すべき提案書を持ち越していた」
原因4「他の業務に追われて、作成を失念していた」
原因5「スケジュールに作成時間を組み込んでいなかった」

解決策:仕事が発生したら、その場でスケジュールを押さえ、退社前に発生したタスクがすべてスケジュールに反映されているかを見直す

実は僕、昨日寝坊してしまったんだ・・・・

なぜ寝坊してしまったのか・・・・最近仕事が夜遅くまであるから・・・・なぜ最近仕事が夜遅くまであるのか・・・・手戻りが多く発生して、時間をとられてしまうから…なぜ手戻りが多く発生するのか・・・・・・・・・・

注目用語

"なぜなぜ分析"に関連するサービス

ビジネススキル・スタンダード(ビジネススキル研修)

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

ロジカルシンキング・ダッシュ(ロジカルシンキング研修)

自分の頭で考える力を付けて仕事に活かしていく為に必要な『型』と『業務で活用するポイント』を学びます。 研修内のケーススタディでは、ストレスフルかつ多くの社会人が直面しがちなシチュエーション、ストーリーを仮想体験できるような題材を元にしています。

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

新入社員向けの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

秋の新入社員研修ー業務遂行力研修ー

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年 10 月 4 日(金)9:00~18:00
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル

仕事の優先度や重要度の理解、ホウレンソウ、問題再発防止等、プロとしての“仕事の取り組み方”を学びます。 秋に入社される新入社員の方はもちろん、ホウレンソウやタスク分解の仕方、「業務遂行力」に不安を持つ若手社員、既存社員の方々もご参加可能です。ぜひご検討ください。

秋の新入社員研修ー経営シミュレーション研修ー

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年 10 月 3 日(木)9:00~18:00
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル

ビジネスゲームを通じて、売上創出の難しさコスト意識、目標達成するために必要となる数値の捉え方を習得します 秋に入社される新入社員の方はもちろん、コスト意識や会社経営にかかわる数値の捉え方に不安を持つ若手社員、既存社員の方々もご参加可能です。ぜひご検討ください。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2018/03/06

[人材・育成について]

ダイアログレポート「マネージャーが、組織を『最適な状態』にしていく為には」

      本レポートは、2018年3月5日に実施されたマネジメント(管理職)ワークショップにて、最後に実施された「ダイアログ」の様相をお伝えするものです。   「ダイアログ」とは簡単に言うと「対話」という意味です。 また「ダイアログ」は、会議やディスカッションのように「何か決めなくてはいけ...