HOME 研修・サービス > OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTトレーナー養成研修。3つの原則を押さえて、部下を成長させるトレーナーに

こんなお悩みありませんか

  • OJTトレーナーの育成担当者としての自覚が弱い
  • 若手社員の育成をトレーナーの自己流に任せてしまっている
  • そもそも社内に、部下・後輩を育てる風土ができていない
  • ”背中を見て育て”のスタイルが多く、今の若手・新入社員に
    あっていない
  • 初めての新入社員採用・トレーナー任命で、意識やスキルが足りない
イラスト:悩む社員
その理由は…
    

3つの原則を押さえて、部下を成長させるトレーナーに

1)育成を優先度・重要度の高い仕事へ

図:OJTはなんのために行うのか

部下を成長させるOJTトレーナーは、育成の重要性を理解できています。
育成の重要性が理解できてこそ、多忙な中でも「部下育成への意識」を保ち、行動に移せます。

アーティエンスのOJT研修では…

OJTの目的と重要性を伝えます。

育成の重要性を理解することで、現場でのさらなる実践に繋げます。      

   

2)育成目標を念頭に成長に合わせた育成スキルを習得

図:育成計画の建て方

育成においても、目標設定は重要です。また、育成の初期段階と終了段階では、育成の手法も異なります。
「状況・段階に合わせた指導」を行うことで、部下の成長速度を早めていくことができます。

アーティエンスのOJT研修では…

育成計画を立てる際のポイントや育成スキル(ティーチング・フィードバック・コーチング)を、その目的・適した状況とあわせて、実践的に学びます。

   

3)信頼関係のもと、共に考え、導く意識を高める

図:「部下との信頼関係を築くこと」が考慮されているか

部下・後輩との信頼関係のもと、一方的に指導を押し付けるのではなく、相手に自ら考えてもらい、「理解度」と「納得度」の両方を高めていける指導を行います。

アーティエンスのOJT研修では…

部下・後輩との関係性の質が、その後の、指導・行動・結果の質に大きく関与することを伝えます。

育成の重要性を理解することで、現場でのさらなる実践に繋げます。

    
「とはいっても、実際は難しい。」「こんな時はどうしたら…?」

そんなモヤモヤは、「ダイアログ」で考えます

写真:前回行われたダイアログの様子

 必ずしもセオリー通りにいくとは限らないのが、部下育成の難しいところ。育成現場で適切な答えが見つからずに、”モヤモヤ”することも少なくないでしょう。    アーティエンスのOJT研修では、終了時に講師を含めた参加者全員で、”モヤモヤしていること”について共有し、解決策や考え方を探求します。

    

「実際どうだった?」ダイアログの感想

「ダイアログを通すことで、学んだことがより一層具体におちていきました…!
「“学び”と“現場”が
しっかり繋がりました…!
「学んだだけで終わらせず、しっかり
現場でも考え続けるきっかけになったワークでした」
「現場の悩みを共有し、
明日から実践できる最初の一歩が見えてきました」

など、「受けて良かった」という声を多数いただいています。

    

実際の様子をご紹介いたします




OJT研修カリキュラム

推奨対象層 管理職、中堅社員
推奨人数 16 名 (最少 12 名~最大 25 名)
研修日数 8時間 ×1日
当日の流れ
・はじめに (OJTの目的を考える) 20min
・育成計画を立てる  【グループワーク】 100min
・部下を指導する (ティーチング)【グループワーク】 100min
・部下の行動を改善・強化する(フィードバック) 【グループワーク】 100min
・部下を自律・自走させる(コーチング) 【個人、グループワーク】 100min
・ダイアログ 30min
※ 研修内容のアップデート、及びワークショップの状況により内容や時間帯の変更が発生する場合もございます。

詳細はメール・お電話で直接お伝えすることも可能です。
ご相談・ご質問のみでも、お気軽にお問い合わせください。




お客様の声

人事ご担当者様

「指導が会社のためになる」と思えるようになった

株式会社CBホールディングスご担当者様

今までは、やれって言われたからやっていた様に見えていた節がありましたが、研修を通して、
“指導が会社のためになる” とか、
“自身の成長につながっている”

と考えられるようになっていました。
【株式会社CBホールディングス様】

   

受講者様

教えることで、自分にも「新たな気づき」が生まれると思うようになった

新人が目指している目標に向けて、少しずつでもできることを増やしていけるように教えられるようにしたい。教えることで、自分にも新たな気付きが生まれ、実務に生かしていけることもあるのではないかと思う。広告会社/女性

「相手の様子に合わせる」ことの重要性に気づいた

○トレーニング相手の気持ちに寄り添うこと○信頼関係の構築が一番大事なことであること。○自分のスタイルではなく、相手の変化の様子をとらえて、スタイルを変化させること。アウトソーシングサービス会社/男性

OJTをやりたい気持ちが高まった

OJTやりたい度を1~10で表したとすると、参加前までは“5”参加後は“9”になりました。というのも、OJTをすることで今日の研修も含めて成長できることに気づけたからです。コンサルティング会社/男性

「任せる」前提の研修を行いたい

○目標を提示したうえで、細かい目標を自分で作ってもらい、きちんとFBするようにしたいと思う。・目標設定する際はSMARTの法則。○「任せる」ことを前提に研修を行う。

摩擦を恐れず、本人のためになることを伝えたい

私はグループワークなどを通じて、かなり言い回しや相手の受け取り方を気にしながら話しているなと感じました。イヤな気分にさせたりモチベーションを下げないようにしようと思うのは結局自分が摩擦を恐れて自分を守っているだけにすぎず、部下の課題だったり改善すべき点などは時にはっきり本人に伝えてあげたほうが本人の成長のためになるなと感じました。製造・卸売業/女性

部下への「意見の押しつけ」の多さに気づけた

部下に対して自分の意見や思いの押しつけが多いことに気づけました。仕事なので結果が大切ですが、結果を出す方法についても前向きな対話ができることを学びました。



お問い合わせ特典

今お問い合わせいただいた方に、受講の様子やアウトプットをまとめたレポート(A4 約20ページ)をお渡ししています。

「写真とコメント、またアウトプットも入っているので、研修の流れが理解できた」
「受講者がどのような発言をし変化するのか、つかむことができた」


など、“役に立った”という声を多数いただいています。

画像:特典資料


お見積り・お問い合わせ

まずはお問い合わせ下さい
お客様のニーズとご予算に合わせたプランを柔軟にご提案いたします。
アーティエンスへのご相談・お問い合わせ
[ 受付時間 ]平日 9:00~18:00

OJT研修・その他中堅社員・管理職向け研修の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

部下・後輩育成(OJT)セミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018/3/7 (木) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

アーティエンスの部下・後輩育成研修では、トレーナーが新人を早期戦力化していくためのスキル・ノウハウ、そしてスタンス実務に近いワークショップ形式でしっかり学んでいただきます。

HOME 研修・サービス > OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)