HOME 研修・サービス ビジネススキル研修 > ビジネススキル研修
プロとしての“仕事の進め方” を学びます

ビジネススキル研修

  • 新入社員
  • 若手社員
  • 中堅社員

アーティエンスならではの特徴

『withコロナでより難しくなったビジネススキルの習得』

テレワーク・ソーシャルディスタンスで手取り足取りの実務指導が難しい状況になっています。自ら上司や先輩に働きかけていく必要があります。そのために、”プロとしての仕事の進め方”を学ぶことで、周囲に主体的に働きかけられる意識を持つことが可能になります。

研修目的と目指す効果

研修目的

仕事の優先度や重要度の理解、ホウレンソウ、問題再発防止等、プロとしての“仕事の取り組み方”を学びます

目指す効果

  • 成果を出すためには、相手(顧客・上司)の期待を知り、超える必要があることを知る
  • 成果を出すための具体的なスキル(成果物定義・報連相・スケジューリング等)を知る
  • プロとしての仕事の進め方を学び、業務に活かさなければいけないという意識を持つ

学べるポイント

1 インプットと
アウトプット
「仕事の目的からの成果物を定義し、仕事の本質を理解すること」の重要性を学ぶ。その上で何をインプットして、何をアウトプットするべきかを学ぶ。
2 迅速かつ
高品質な成果への意識
迅速かつ高品質な成果を出すために、自らが進んでアウトプットの理解や情報を取りに行く。
3 新入社員が
身に着けるべき
業務遂行スキル
迅速かつ高品質な成果を出すために必要な業務遂行スキルとして、「要件定義(5W2H)・スケジューリング・タスク分解・報連相・解決策の講じ方」を学び、現場で活用していくイメージを持っている。

お客様の声

人事ご担当者様

株式会社主婦と生活社様

最低限のマナーやホウレンソウなどの仕事への取り組み方、考える力を学んで、現場に出た際の上司・先輩の負担を減らし、少しでも立ち上がりを早めたいと思っていました。新入社員が本配属されてから、現場からネガティブなコメントが出てこず、しっかりと戦力になっているようでとても助かっています。

株式会社グレイス様

実務と直結しているので、研修を受講した翌日には意識的に学んだことを活かそうという姿勢が見られました。仕事で使えるスキルを活用しようという意識を持たせて頂けるので、助かります。

受講者様

アウトプット、インプットという循環を繰り返すことで経験をたくさん積んで自分なりに計画的にスケジュール管理することはとても大切なことだと感じました。

要件定義やタスク管理、報連相、解決策の講じ方など働くにあたり必要不可欠なものを学ぶことができました。結論ファースト、5W2Hは特に大切にしていきたいと思いました。

問題解決をする際はまずは自分から解決していく姿勢が大切だと学んだ。

自分の課題に対してどう対処すべきか、具体的な方法を考えることができた。また5W2Hの考え方は仕事でも活かすことができるが、自分の課題を克服するための方法の一つになることも学んだ。今後は、物事を深掘りして考えること、話を聞くときに「なぜ」を意識して行動したい。

研修詳細

推奨対象層 新入社員・若手社員
推奨人数 20名~(最大40名)
研修日数 8時間 ×1日
当日の流れ

イントロダクション

講義

「いい仕事」とは?
   -インプットとアウトプットの関係を学ぶ

課題

  1. 相手が求めていることを把握せよ!
  2. 確実なスケジュールを立てよ!
  3. タスクを分解せよ!
  4. ホウレンソウを正確に行え!
  5. 問題を発見し、改善せよ!
  6. レポートを作成せよ! (総合問題)

講義

本日の振り返り/明日に向けて

※研修内容はアップデートされる可能性があります

お見積り・お問い合わせ

まずはお問い合わせ下さい
お客様のニーズとご予算に合わせたプランを柔軟にご提案いたします。
アーティエンスへのご相談・お問い合わせ
[ 受付時間 ]平日 9:00~18:00
HOME 研修・サービス ビジネススキル研修 > ビジネススキル研修