HOME 研修・サービス ビジネススキル研修 > ビジネスマナー研修
信用や関係性を高めていくために

ビジネスマナー研修

  • 新入社員
  • 若手社員

アーティエンスならではの特徴

『withコロナでより難しくなったマナーの概念』

ただマナーのやり方をただ学ぶのではなく、マナーは『信用や関係性を高めていくため』という本質を学ぶことで、表面的な考えに囚われないようにします。その上で時代にあわせたマナーを、当事者意識・主体性を持って、学びます。またオンラインであっても、マナーの内容を学べる動画も用意しています。

研修目的と目指す効果

研修目的

信用や関係性を高めていくための自身と相手や場を大切にしたビジネスマナーの考え方を学びます

目指す効果

  • 相手や場に合わせたビジネスマナーを行うことで、
    対相手との関係性が構築されることを理解している
  • ビジネスマナーを扱う際には対相手がいること、
    また価値観(感じ方)の多様性を理解している
  • ビジネスマナーを扱う際には自身の信用を保つためにも、
    相手の気持ちを理解し、敬意をもつ重要性を認識している
  • ビジネスマナーでは自身の個性や強みを認め、扱う事が出来ることを理解し、少しでもビジネスマナーを現場で扱う事に前向きさを持っている

学べるポイント

1 マナーが与える影響 マナーをもって接することで、相手から信用を得ることや、相手との関係性が構築されることを知り、ビジネスマナーの重要性を理解している
2 相手目線への意識 相手や状況によって受け取る印象に多様性があることを理解し、相手や場に合わせたビジネスマナーを意識して扱っている
3 個性の発揮 自身の個性(強み)をビジネスマナーにおいて発揮できることを認識し、相手目線を意識しながらも、ビジネスマナーを扱うことへの不安が軽減されている

お客様の声

人事ご担当者様

株式会社主婦と生活社様


『最低限のマナーやホウレンソウなどの仕事への取り組み方、考える力を学んで、現場に出た際の上司・先輩の負担を減らし、少しでも立ち上がりを早めたいと思っていました。新入社員が本配属されてから、現場からネガティブなコメントが出てこず、しっかりと戦力になっているようでとても助かっています。』

受講者様

基盤となるマナーを徹底して自分の強みを積極的に取り入れることでより密度の高い信頼関係を築くことができるのだと改めて認識することができました。
ビジネスマナーをしっかりと使いこなすことで、相手にとって心地の良い時間を作ることができ、結果として契約の成立などに活きるなど、ビジネスマナーが社会人として成功するための基礎であることが分かった。
電話対応や名刺交換など、学生生活では経験しておらず全く分からない部分を学ぶことができたので非常に有意義だった。
マナーに対する考えが変わった。以前はマナーとは難しく面倒なものという風に考えていた。しかしマナーは相手を気遣うことでもあり、自分を守るものでもあるということを学んだ。

研修詳細

推奨対象層 新入社員・若手社員
推奨人数 20名~(最大40名)
研修日数 8時間 ×1日
当日の流れ

イントロダクション

スタンス : 『気遣う心』を学ぶ

講義課題&課題1:常識とは何かを学ぼう!

  1. 挨拶、言葉遣い(ビジネス敬語)
  2. 会社での作法、身だしなみ

講義&課題 2:コミュニケーションマナーを学ぼう!

  1. 名刺交換
  2. お客様対応
  3. 電話対応

講義&課題 3: ビジネス文書を学ぼう!

  1. 社内(日報)
  2. 社外文書(メール)FAXの書き方
本日の振り返り/明日に向けて 自主トレーニング(議事録の作成、社内メール)

※研修内容はアップデートされる可能性があります

お見積り・お問い合わせ

まずはお問い合わせ下さい
お客様のニーズとご予算に合わせたプランを柔軟にご提案いたします。
アーティエンスへのご相談・お問い合わせ
[ 受付時間 ]平日 9:00~18:00
HOME 研修・サービス ビジネススキル研修 > ビジネスマナー研修