HOMEコラム・レポート > 外部研修の学びを現場で活かしたい

外部研修の学びを現場で活かしたい

  • ビジネススキル
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

コラム :人事部のお悩み相談


<人事のお悩み相談室>
サービス業/人事部門管理職

【お悩み内容】

近年、当社は外部研修の実施を増やしています。
特に新人~若手社員については、本人たちのWILLも強く、
離職防止の意味でも、充実させてきました。

本人たちは、積極的に学びを活用しようとしてくれます。
が、残念なことに、現場の管理職が研修内容を理解しておらず、
フィードバックもままならないため、活かしきれない現状があります。

人事部から、事前にメール等で理解を促していますが、
なかなか適切にキャッチアップし切れないようです。

どうしたら、現場で学びを活かせるようになるでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

「学びの活用」という切り口としては、大きく2つあると考えます。

○受講生個人で活かしやすいもの
 →マナー(型)、関係性構築のためのコミュニケーション、
  PCなどの操作スキル、業務に紐づく専門知識・スキルなど

○上司のOJTがあって初めて身に付くもの
 →論理的思考力、問題解決力、
  業務遂行のためのコミュニケーション(ヒアリング、要件定義)など

上司の協力(OJTなど)があって初めて身につく内容は、
やはり上司の巻き込みにおいて注意が必要です。

特に論理的思考力、問題解決力、要件定義など
コンセプチュアルスキル(概念化スキル)と言われるものは
フィードバックする側にこそ、高い理解と実践力が求められます。
また共通言語がないと、フィードバック自体が成立しないかも知れません。

上記を踏まえ、研修の実施部門としては
下記が挙げられるのではないでしょうか。

1.研修内容だけでなく、学びを踏まえた指導のポイントや方法など
 OJT要綱も伝える
2.OJTの難易度が高いコンセプチュアルスキルについては、
 上位階層にも取り入れる。

特に2については、
「指導する際のポイント」や
「共通言語化すべきキーワード」が
盛り込まれたプログラムが、望ましいですね。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

チームビルディング・ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019/6/21(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

みなさんは、高い成果を出すチームにいるメンバーは、どんな様子でどんな表情をしていると思いますか。 本セミナーでは、より高い成果を出すチームとなるための法則とコミュニケーションスキルを学びます。 チームの誰もが、チーム目標を自分ごととして捉え、責任を持ち、意見を発信し、その意見を基によりよい案を創り出していく。今のチームが、成果を出すチームとなっていくための考え方を実践的に学んでいただきます。

"外部研修の学びを現場で活かしたい"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

HOMEコラム・レポート > 外部研修の学びを現場で活かしたい