HOMEコラム・レポート > 「面倒くさい」オーラが出ているトレーナーとの関わり方

「面倒くさい」オーラが出ているトレーナーとの関わり方

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

コラム :現場のお悩み相談


<現場のお悩み相談室>
金融サービス/若手社員方のお悩み
  
【お悩み内容】

数ヶ月前に、トレーナーだった方が退職され、
年次が20歳近く離れた方が、新たにトレーナーとなりました。

いろいろなことをご経験されているので
私としては、たくさんのことを学びたいと思っているのですが…

その方からはいつも「面倒くさい」オーラが放たれており、
聞きたいことや確認したいことがあっても
なかなか話しかけられません。

私のトレーナーになったことについて
「今さらやりたくない」とおっしゃっていたと最近知り、
尚更 話掛けづらくなってしまいました。

あと3ヶ月間、トレーニング期間があります。
どうすれば、トレーナーの心証を害さずに
コミュニケーションをとることができるでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

相手あってのコミュニケーションですから、
悩むところですよね。

まず、知っておいていただきたいことが2つあります。

1つ目、
今のこのご経験は、教える立場になった際に
存分に活きるものだと思います。
「単に辛いだけのものではない」ということを理解しましょう。

2つ目、
トレーナーとは、あくまでも「ビジネスの関係」ですから、
必要以上に仲良くなる必要はありません。
用がなければ、敬して近づかず…という立ち位置でも十分です。
ただし、御礼やお詫びは事欠かないように注意しましょう。

その上で、トレーナーとの関わりですが、
幾つか配慮できる点があると思います。

1、急を要する場合以外では、確認したいことをメモして、
  まとめて聞きましょう。
  その際は、相手が時間を作りやすい時間帯やタイミングを
  観察して押さえておくと良いですね。
2、「確認したいことが○点あります。
  ○分ほどお時間をいただけないでしょうか」
  と、最初に相手にかかる不安を明確にしましょう。
3、現物やメモなど、相手が教えるにあたって有効そうなツールは
  用意していきましょう。
  教えやすい環境を整えると、相手の負担を軽減できます。

1年目は、要領が分からなかったり、
慣れない気遣いも多く大変です。

多かれ少なかれ、みんなが通った道ですから
肩の力を少し抜いて、頑張ってくださいね。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

チームビルディング・ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019/6/21(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

みなさんは、高い成果を出すチームにいるメンバーは、どんな様子でどんな表情をしていると思いますか。 本セミナーでは、より高い成果を出すチームとなるための法則とコミュニケーションスキルを学びます。 チームの誰もが、チーム目標を自分ごととして捉え、責任を持ち、意見を発信し、その意見を基によりよい案を創り出していく。今のチームが、成果を出すチームとなっていくための考え方を実践的に学んでいただきます。

"「面倒くさい」オーラが出ているトレーナーとの関わり方"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

HOMEコラム・レポート > 「面倒くさい」オーラが出ているトレーナーとの関わり方