HOMEコラム・レポート > 「叱ると怒る」について

「叱ると怒る」について

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

<トガくんの覚書シリーズ>
「叱ると怒る」について

このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、似て異なる言葉、
「叱る」と「怒る」について扱います。

以前、人事ご担当者様向けセミナーでも扱いましたので
ご存知の方もいるかと思いますが、部下育成においては
重要だと思いますので、改めて。

【定義】

●(goo辞書)
 叱る…目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる
 怒る…不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる

●(PHPホームページ)
 叱る…感情を押さえて理論的に話す、他者への改善要求、相手に反省させるもの
 怒る…感情のままに自分の意見を言う、自分の感情表現、相手を傷つけるもの

●(アーティエンス)
 叱る…相手のためのもの、フィードバックの一種
 怒る…自分のためのもの

【考察】

明確には言語化されていなくとも、多くの方が
「叱る」と「怒る」の違いは理解されているのはないでしょうか。

ですが、厄介なのは「指導する」という名目になった途端、
個人の判断により「叱る」と「怒る」の境界線が曖昧になること。

パワハラをしたとされる上司の多くが
「指導の一環だった」と釈明することからも、
今なお、「指導」という言葉には多くの要素が含まれているようです。

指導に必要なのは、あくまでも「叱る」行為。

ただ、自分は「叱っている」つもりでも、相手には「怒っている」と
認識されることがあります。
これは、非言語メッセージを含めた感情の出方により
相手の捉え方が異なるためでしょう。

【結論】

コミュニケーションは、「相手がどう捉えるか」が問題です。
この前提は、立場や職位と関係がありません。

「叱る」立場であれば、自分の感情を適切にコントロールすることが
求められます。

「権限や責任が大きくなる程、自分自身を厳しく律する」

そんな人は、自然と周囲からの信頼され、
組織にとって必要な存在となるのでしょうね。


HOMEコラム・レポート > 多くの役割と重い責任を抱えている管理職が組織変革を促すために必要な3つのポイント【オンライン/無料/参加特典あり】