HOMEコラム・レポート > 「経営理念」について

「経営理念」について

  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

コラム :トガくんの覚書


<トガくんの覚書シリーズ>
「経営理念」について

このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、不確かな時代にこそスポットが当たる、
「経営理念」「企業理念」という言葉です。

明確な定義の違いが見受けられないため、
この2つの言葉は、ここでは同義に扱います。

【経営理念の定義】

●経営理念とは、企業行動における基本的な
 価値観、精神、信念、あるいは行動基準を表明したもの
 (広辞苑)
●事業管理上,深く思うすじ・きめごと
 (経営理念ドットコム)
●事業経営を行うにあたっての 経営の基本的なあり方を表明したもの。
 企業の目的は何か、何のために経営を行うのか、
 どのような会社を目指すのか、等を述べたもの
 (中小企業家同友会全国協議会「経営指針作成の手引き」)

【考察】

つまりは、社会における自社の存在意義を言語化したものです。

経営理念の浸透と業績、

経営理念の浸透と社員のロイヤリティ、

など、結び付けて解決されているものがあります。

一般的に経営理念が浸透している企業は、
業績が良い、社員のロイヤリティが高いと言われています。

ただ重要なのは、結果ではなく、浸透までのプロセスにあります。

経営者が社員に対してメッセージを発信していること、
また管理職などがハブ的な役割を担い、咀嚼して社員に理解させていること、
これらにより、社員が同じベクトルを持っていることが
業績や社員ロイヤリティに反映されているのではないでしょうか。

【結論】

経営理念とは、社会に向けた表明であると同時に、
その組織に従属する社員のためのものでもあるんですね。

貴社の「経営理念」「企業理念」を、
社員の方々は、いつも念頭に置いていらっしゃいますか?

多忙な時にこそ、基本に還る。

そんな意味からも、時には社内で自社理念について話せると良いですね。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【無料】組織力を高める『これからの新入社員育成』を探求するワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年10月16日(水)13:30~17:00
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援

時代と共に、どのように新入社員育成の在り方が変わってきたかを学びながら、これからの新入社員育成とはどのようなものか、探求して参ります。 2020年度新入社員研修の企画の種を見つけに、お気軽にどうぞ!

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

周りを動かす意思発信ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分以内):2019年11月15日(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

意思決定をできない管理職が増えているというお話を聞くことが多くなりました。 管理職の意思決定はインパクトが強く、今後の方向性を決める組織にとって大事なものであることは言うまでもありません。 ただ、管理職になってから、突然「意思決定をしてください」といっても、なかなか難しいのが実情です。 若手・中堅のうちに、しっかりと意思を持ち、発信する習慣を創っていきませんか。  本ワークショップでは、若手・中堅が、意思決定に積極的にかかわっていく大切さ、重要性、考え方を知り、 そして自身で考えた意見をチーム・上司へ発信し、チーム・上司の意思決定をよりパワフルなものにする内容を学びます。

"「経営理念」について"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

HOMEコラム・レポート > 「経営理念」について