HOMEコラム・レポート > 上司によって異なる評価基準への不満?

上司によって異なる評価基準への不満?

  • マネジメント
  • 組織開発支援

コラム :現場のお悩み相談


<現場のお悩み相談室>
サービス業/若手社員の方のお悩み

【お悩み内容】

同じ業種でも、誰が上司になるかによって、
マネジメントの仕方や評価が異なっていることが不満です。

私の上司は厳しい方なので、他の上司であれば業績として
カウントしてもらえることもしてもらえず、
損をしているような気がしてしまいます。

上司のマネジメントや評価基準を統一してもらいたいのですが、
どうしたら良いでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

まず、ご不満なお気持ち自体は理解できます。
頑張っているからこそ、生じる感情でもあるかと思います。

が、ここで解決すべきこととしては、
少し論点がずれているように思えます。

「上司のマネジメントや評価基準は統一すべき」
というお話が展開されていますが、
ご相談者さんのご不満は、本当にこのポイントですか?

拝察するに、
「自分の成果に対する、上司の評価に納得ができない」
ということが、本当のポイントなのでは?

だとすると、ご相談者さんがすべきことは異なりますよね。
まず、上司に「ご自身に対する評価の根拠」を確認しましょう。

その上で、ご自身の評価に対して納得できたのであれば
問題は解決するはずです。

万一、あまりにも不当な評価だったり、根拠がないようであれば、
信頼できる先輩社員や管理部門(人事部)の方に相談してみましょう。

また、補足までに。
人よって環境が異なっていたり、時に不公平な状態が発生することは
ビジネスの世界では日常茶飯事です。

人と比較しては足りないこと、満たされないことに
目を向ける癖がつくと、ネガティブな感情に振り回され、
自分がしんどくなっていきますよ。

ありきたりのようですが、将来の自分のためにも
「自分が成長するためには、今何をすべきか」
という意識を大事にしていきましょう。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

システムシンキングをつかった問題解決研修 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2020年2月14日(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • リーダー
  • マネジメント

システムシンキングとは、大局の流れを読みながら、 “全体”を的確に捉え、本当の問題の所在を明らかにする思考スキル。 本セミナーでは、システムシンキングの考え方を学び、 実際に使って、実務の場で起こりうる様々な課題・問題に 対処できる力を養っていただきます。 現場で部下を引っ張るチームリーダーから、 組織の現状や課題を明らかにしたい経営者の方まで、 複雑性を増すVUCAワールドの現代を生き抜くうえで、より重要性を増す必須スキルです…!

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

周りを動かす意思発信ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分以内):2019年11月15日(金)9:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

意思決定をできない管理職が増えているというお話を聞くことが多くなりました。 管理職の意思決定はインパクトが強く、今後の方向性を決める組織にとって大事なものであることは言うまでもありません。 ただ、管理職になってから、突然「意思決定をしてください」といっても、なかなか難しいのが実情です。 若手・中堅のうちに、しっかりと意思を持ち、発信する習慣を創っていきませんか。  本ワークショップでは、若手・中堅が、意思決定に積極的にかかわっていく大切さ、重要性、考え方を知り、 そして自身で考えた意見をチーム・上司へ発信し、チーム・上司の意思決定をよりパワフルなものにする方法を学びます。

"上司によって異なる評価基準への不満?"に関連するサービス

HOMEコラム・レポート > 上司によって異なる評価基準への不満?