HOMEコラム・レポート > 「新人が殻を破る」きっかけ

「新人が殻を破る」きっかけ

  • 新入社員向け
  • 育成・OJT
  • マネジメント

コラム :メンバーのつぶやき


<時事ネタ・旬ネタ>
ある受講者が成長した瞬間

先日、ある企業で担当させていただいた、
1年目フォローアップ研修での出来事。
その受講者は優秀である一方で、プライドが高く、
自分の課題や悩みを隠してしまう、そんなタイプでした。

研修におけるパフォーマンスは高いのですが、
納得しているのか、前向きなのか、
講師として反応が掴みきれない受講者でもありました。

2日間の研修を終え、退室しようとした講師の元へ、
意を決した表情でこの受講者が来ました。
二人で話したい、とのこと。

話を聞いてみると、この受講者には意外な悩みがありました。

「できて当たり前」とされる少数精鋭の配属先。
周囲は優秀な人ばかり。
しかも自分が唯一の新入社員。
そんな環境で、まったくフィードバックをもらっておらず、
結果は出しているはずなのに、周囲の期待に応えてきれていないのかも…
それが不安だ、という趣旨でした。
「率直に、私の課題を教えて欲しい」
「周囲の期待に応えられているか、確認する方法を教えて欲しい」
と訴えてきました。

その時、講師はこう思いました。
「この受講者は、成長階段をもう一段上ることができた」

この受講者にとって、講師から情報や知識を得ること自体は、
成長の階段にはなっていないでしょう。

「自分にはこんな悩みがある」
と今の自分を認め、それを解決するために建設的に周囲を巻き込む。
これができたことがとても重要だ、と講師は判断しました。

「あなたはもう大丈夫、自信を持って」
そんな声を掛け、この受講者の背中を押しました。

このように、新人のパーソナリティや置かれた環境によって
成長の階段が、途中から異なったものになっていくことはよくあります。
その階段を上るきっかけがあるほど、新人は今の自分の殻を破り、
成長の階段を上りやすくなります。

このプライドの高い受講者の場合、研修講師が
外部の人間だったことが功を奏したのだと言えます。
講師にとっても、また一つ、自分たちの存在意義を知った、
そんな出来事でした。

貴社では、どれくらい「新人が殻を破る」きっかけを
ご提供されていますか?
ぜひ、改めて考えてみるきっかけになれば幸いです。


メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

システムシンキングをつかった問題解決研修 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年9月13日(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • リーダー
  • マネジメント

システムシンキングとは、大局の流れを読みながら、 “全体”を的確に捉え、本当の問題の所在を明らかにする思考スキル。 本セミナーでは、システムシンキングの考え方を学び、 実際に使って、実務の場で起こりうる様々な課題・問題に 対処できる力を養っていただきます。 現場で部下を引っ張るチームリーダーから、 組織の現状や課題を明らかにしたい経営者の方まで、 複雑性を増すVUCAワールドの現代を生き抜くうえで、より重要性を増す必須スキルです…!

"「新人が殻を破る」きっかけ"に関連するサービス

HOMEコラム・レポート > 「新人が殻を破る」きっかけ