研修・セミナーレポート

新入社員が抱える不安を軽減するには?「コミュニケーション」というワードから紐解く 【Growthレポート4月】

新入社員研修 リーダーシップ エンゲージメント 組織開発 研修 男性と女性がグラフ上に立っている

2022/5/19作成ー

本記事では2022年度新入社員を対象とした月に一度の振り返りツール【Growth】の4月22日〜5月6日の回答の結果(n=88/企業数11)を、回答結果の推移とともに読み解きます。

アーティエンスでは新入社員のセルフマネジメント力(※)・リーダーシップの発揮を目的とした、振り返りツール【Growth】をご提供しています。
あわせて、人事・現場の育成担当の方々が企業を超えて対話し情報交換できる場
【Growth Meeting】
をセットでご提供しています。

※アーティエンスでは、新入社員が力強く成長していくために必要な4つの力(業務遂行力、巻き込み力、意義付け力、成長力)をまとめて、セルフマネジメント力と定義しています。Growthは、4つの力にリーダーシップを加えた5つの力への意識を高める設問となっており、日々の業務を振り返り回答することで、セルフマネジメント力とリーダーシップ発揮を促します。

Growth セルフマネジメント力の説明スライド

1)数値結果から紐解く

下記は、2021年4月と2022年4月のGrowthの9つの設問の平均値を比較した表です。【表1】

【表1】
2021年4月と2022年4月のGrowthの9つの設問の平均値を比較した表です。

※ 9つの設問に対して5段階(“とてもそう思う”=5, “そう思う”=4,“どちらともいえない”=3, “あまりそう思わない”=2, “そう思わない”=1)で回答
※2021年4月n=123、2022年4月n=88

9つの設問のうち、Q7以外は全て21年度の平均値よりも低い平均値となりました。

特に、Q8・Q9のリーダーシップ発揮の意識度合いを確認する設問は、Q8:0.30ポイント、Q9:0.28ポイントと大きく減少しています。

ここで、リーダーシップ発揮を実感できている(Q8・Q9に対して4〜5(そう思う〜とてもそう思う)を付けている)新入社員と実感できていない(Q8・Q9に対して1~2(そう思わない~あまりそう思わない)を付けている)新入社員のフリーコメントを見てみましょう。

Q10.最後に、振り返ってみて感じた、「自身の誇れること・申し訳なく思うこと・これから取り組んでいきたいこと」を教えてください

Q8・Q9に対して4~5(そう思う~とてもそう思う)を付けている方のコメント
・誇れる事は同期に積極的に声をかけて意識を向上させている事です。ただ声をかけられるのは同期がほとんどで、今時点で会社に貢献できていることが少ないという点も申し訳なく思います。そのため今後研修を通して即戦力になれるよう学びたいのと共に、先輩方とも距離を縮め、もっと多くの人に働きかけたいです。

・誇れること:周囲のために良いと思ったら行動できること。申し訳なく思うこと:ときどき私がしゃべりすぎてしまうことでほかの人の時間を奪ってしまうことがあったこと。取り組んでいきたいこと:学びを続けること。

Q8・Q9に対して1~2(そう思わない~あまりそう思わない)を付けている方のコメント
・社会人になって、学生の時よりも遥かに多く自主的に行動をとるという機会が増えました。その上で、成長を実感することがそれと同時に増えました。しかし、自分の意見を自信を持って発言出来ていないと思う場面がありますので、自信を持った発言に繋がるよう、しっかり根拠を持った発言が出来るよう、意識します。

・自ら進んでアイデアや意見を出すことができることは誇れる部分です。自らの役割以上のことは果たせなかったので、そこに関する部分は申し訳なく思っています。これから周囲との意見を交わりながら、自分から率先してリーダーシップを発揮し、雰囲気を作ることなどに取り組んでいきたいです。

研修期間、グループワーク等の研修課題への率先した取り組みや、同期への働きかけに対する度合いが、リーダーシップ発揮の実感へと繋がっているようです。

今後、研修期間が終了し、現場配属となる企業も多くなるため、
現場における新入社員のリーダーシップをどのように醸成していくのかは、大切な育成ポイントとなっていきます。

リーダーシップは、学習によって身に着けることが可能な力ですが、誰かに言われてすぐに発揮できるものではありませんので、リーダーシップ開発への取り組みが不可欠になります。より詳細については、下記コラムをご覧下さい。

これから求められる新たな概念”シェアドリーダーシップ”とは ー管理職を起点としたチーム創りを考えるー
若手・新入社員ができる!リーダーシップ発揮を促す3つの取り組みとは 【Growthレポート2月】

2)コメントから紐解く

下記は、2021年4月と2022年4月のGrowthのQ10の回答内容に出現する単語を、それぞれどちらの回答内容に偏って出現しているのかを示した表です。【表2】

Q10.最後に、振り返ってみて感じた、「自身の誇れること・申し訳なく思うこと・これから取り組んでいきたいこと」を教えてください

【表2】
2021年4月と2022年4月のGrowthのQ10の回答内容に出現する単語を、それぞれどちらの回答内容に偏って出現しているのかを示した表です。

「コミュニケーション」という単語は、2021年4月・2022年4月の両方でよく出ている単語ですが、2021年4月は38%、2022年4月は62%と、2022年4月の方の出現割合が、24% 増加しています。

注目したいワード「コミュニケーション」

「コミュニケーション」が含まれている、個々人のフリーコメントを抽出すると、大きく3つの文脈で「コミュニケーション」が使用されていることが確認できました。

①【コミュニケーションを取れている実感がある】

・誇れることとしては、コミュニケーション能力だと感じています。申し訳ないことは、技術力が足りず教えていただく機会が多かった点です。これからは技術力向上に努めていきたいです。

コミュニケーションを積極的に取れることが自分の誇れることだと思います。ただ、グループワークでは会話が脱線してしまうこともあったので、そこが申し訳なく思いました。これからは、コミュニケーションを取るときのオンオフをしっかり切り替えて仕事に従事していきたいです。

・誇れることは発言の多さと積極的なコミュニケーションだと思います。申し訳なく思うことは、技術不足、学習の面で理解力にかけることです。プログラミングに対しての苦手意識が生まれてしまったのでそれをなくすように努力していきたいです。

・誇れること→様々な人と臆せず明るくコミュニケーションをとることができること。申し訳なく思うこと→問いかけに対し、自分の考えをまとめて意見するのに時間がかかること。これから取り組んでいきたいこと→研修中にインプットだけでなく、インプットされたことを今後の業務でどう使うか意識しながら発展させる

②【周囲とのコミュニケーションに課題を感じている】

・申し訳なく思うことは仕事相手に100%興味を持つことができていないこと。自分の感覚だけで相手を判断してしまっている節があるのと、今は新生活に慣れることに精一杯でコミュニケーションに注力できていないと感じます。今後取り組んでいきたいことは企画提案の精度を向上させることです。誇れることはございません。

・社会人になって約3週間経ち、研修の際には感じなかった責任感や社会人であることを実感している。しかし、配属先での自身の力の無さを徐々に改善していきたいと感じた。また、コミュニケーションをとることが重要ではあるが、いまだにうまくコミュニケーションを取れていないので重点的にケアしていきたい。

・まだまだ萎縮しているところがあります。積極的に発言し、チームがよりよい組織となれるようにコミュニケーションを図りたいです。

・私には、まだ積極的に周囲に働きかけたり、コミュニケーションを取るということができていないと感じました。これから先はさらにコミュニケーションが大切になってくると思うので積極的な発言、コミュニケーションを取ることを意識して取り組んでいきたい
と思います。

・積極的にコミュニケーションが取れていないので、今後は改善していきたいです。

③【自身の成長のために、コミュニケーション力を強化したい】

自分の成長のためにコミュニケーション力を高めたい。感謝力を高めることを大切にしたい。社会人として多くの先輩方に支えられていることをとても実感するので、それにしっかり感謝して仕事をしたい。

・研修中は自分の苦手な分野にも挑戦できたと思います。しかしこれから配属にあたってまだ自分にできることが明確でなく不安が大きいです。これからは積極的にコミュニケーションをとることや周囲を巻き込んで発信するなどの苦手分野にチャレンジしながら、自分のできることを見つけていって早く貢献できるようになりたいです。

周囲や上司との積極的なコミュニケーションを意識して仕事に取り組んでいきたいと思っています。等々 他多数。

「コミュニケーション」への感度は不安の表れ?

ネガティブ・ポジティブのいずれの文脈もありましたが、「コミュニケーション」への感度の高まりがうかがえます。

なぜ、「コミュニケーション」への感度が高まっているのでしょうか?
これは、新入社員研修を通して見えてきた22年度新入社員の特徴を踏まえた仮説にはなりますが、「コミュニケーションへの感度の高まりは、一種の不安の表れ」かもしれません。

研修中のグループワークやアンケートを通して、「仕事が覚えられるか?うまくできるか?」よりも「職場環境・人間関係に馴染めるか?」といった不安を抱えている新入社員の方が多い傾向にあることが確認できました。

その背景の一つとして、学生時代の就職活動が大きく影響しているのではないかと考えています。オンライン選考が主流となり、選考企業の社風を肌で感じる機会は圧倒的に減っています。

入社の決め手も「働く人・風土が自分にとって魅力的だった」「接点のあった社員にお世話になった」といった理由は以前より弱まり、「自分自身のために十分な情報提供、時間を割いてくれた」「選考がスピーティーに進んだ」など『一個人として大事にされていると感じられるかどうか』が入社を左右する重要な要素となっています。

そのため、どのような社員が働いているのかであったり、組織風土に対する理解にはばらつきが生じており、入社前のイメージとのギャップにすでに直面している新入社員もいるかもしれません。

新入社員としては、そのギャップや不安を埋めるべく、コミュニケーションを積極的に取っていきたい、もしくは周囲からも取ってほしいという気持ちが現れていることが考えられます。

ただし、新入社員が周囲とのコミュニケーションのどのような点に不安、もしくは期待を感じているのかは一人ひとり異なっています。

例えば、

・上司・先輩に声を掛けるタイミングがわからない
・報連相の伝え方・内容に自信がない
・もっとプライベートのことや雑談を増やしたい
・トレーナー以外の職場の方々との交流の機会をもっと持ちたい 等々。

当たり前ですが、コミュニケーションは一方通行では成り立ちません。人事の方々は、新入社員が感じているコミュニケーション上の不安と期待を具体的に紐解いていくこと、そして、そこから現場で想定される課題・壁を受け入れ側にも発信し、協力を得ながら、配属の橋渡しを丁寧に行っていけるとよいかもしれません。

※新入社員との具体的なコミュニケーション施策についてご興味がある方は、下記コラムも御覧くださいませ。

▶Z世代の新入社員・若手社員とのコミュニケーション、とれていますか? パフォーマンスの低下や退職を防ぐ関係性を高める施策案9選
▶新入社員・若手社員の「分かりやすく伝えるコミュニケーション」を促すために人事・上司ができることとは

3)新入社員のさらなる成長・活躍を探求していきませんか?

アーティエンスでは、本Growth結果にもふれながら、人事担当・育成担当・現場の上長など、多様な方々が企業や立場を超えて対話・情報交換し合える、参加型オンライン勉強会【Growth Meeting(グロース・ミーティング)】を月1回開催しています。

また、アーティエンスからも人材育成に関するトレンドやノウハウを提供したり、人材開発・組織開発の分野で活躍する専門家をお呼びし、講演いただいたりしています。

前回のGrowth Meetingの投影資料は、下記より無料ダウンロードいただけます。
▶【Growth Meeting2022年5月】22年度新入社員導入研修プチ振り返り会~新入社員の傾向と効果的な育成施策とは?~

また、次回は下記テーマで開催予定です。是非お気軽に御申込くださいませ。

◆2022年6月17日(金)10:30~12:00/ZOOM
▶【無料/参加型オンライン勉強会】若手・新入社員の「成長を支援する“フィードバック”」を考える Growth Meeting(グロースミーティング)

「興味はあるけれど詳細を聞いてから検討したい…」という方は、まずはお気軽に下記よりお問合せ・資料請求くださいませ。

▶お問合せ・資料請求はコチラ