HOMEコラム・レポート11周年のご挨拶 ~コロナ禍における当社のチャレンジの共有~

11周年のご挨拶 ~コロナ禍における当社のチャレンジの共有~

  • その他

任意の名前

アーティエンス株式会社は、本日2021年9月1日に創業11年を迎えました。

多くのお客様、そしてアーティエンスを支えていただいている関係者の皆さまに、心より感謝の意を表し、御礼申し上げます。

昨年の2月から、本格的にwithコロナが始まりました。
そのような中で、10周年、11周年と迎えることができました。

10周年のご挨拶(メルマガ配信のみ)、2021年の新年のご挨拶で、当社のチャレンジをお伝えいたしました。

その後、多くの方から「アフターストーリーを聞かせてください」というお話をいただきましたので、当社のチャレンジとその後、私たちがどのようにこの激動の時代を過ごしているかを、共有させていただきます。

長文になりますので、興味があるものをご覧いただければ嬉しいです。

1)事業面でのチャレンジ

2020年度の事業面の挑戦は、

①研修のオンライン化
②パルスサーベイ”Growth”の開発
③当社ナレッジ・ノウハウの情報公開の強化

を行いました。

それぞれの内容を、加速化・継続していきました。

※ 詳細は、2021年の新年のご挨拶で、ご確認くださいませ。

■with コロナに適した研修プログラム開発

従来提供していた研修コンテンツのオンライン化にチャレンジし、学習効果を担保・高めていくことを考えました。
ビジネスゲーム以外の研修オンライン化に成功し、問題なくサービス提供をしております。
新入社員研修にフォーカスしたコラムですが、どの階層であっても抑えておきたいオンライン研修のポイントをまとめておりますので、ご紹介いたします。

・オンライン?リアル?withコロナにおける2021年の新入社員研修とは ~オンライン研修の効果を高めていくために~
・新入社員研修の効果を最大限高める企画・フォローとは? -オンライン研修の学びを、現場でも継続化させる方法-

「研修のオンライン化」をより発展させていくために、「with コロナに適した研修プログラム開発」を行いました。「コロナ禍で起きている問題に対して、どのように対応していくか」を大きな課題の軸として考え、新しいプログラムを開発していきました。

コロナ禍により起きた課題を調査するだけではなく、お客さまと共に創っています。

「新人研修研修」、「管理職研修」、「社内ファシリテーター育成ワークショップ」の3つになります。

  

1)新入社員研修
テレワークにおいて必要な考え方・スキルを踏まえてプログラムをアップデートしていきました。テレワークであっても、新入社員の成長を促すために、当社パルスサーベイ「Growth」との連動を行い、一年間にわたって新入社員の成長に伴走するコースにしました。

詳細内容は、「今までの研修×セルフマネジメント力でWithコロナでも活躍できる新入社員を育てる」より、ダウンロード下さい。

■資料:「今までの研修×セルフマネジメント力でWithコロナでも活躍できる新入社員を育てる」

    下記フォームより必要事項をご入力の上、送信してください。
    ご入力いただいたメールにダウンロードURLが届きます。

    ※同業者からのお申し込みはお断りしております
    ※ご入力いただいたメールへ、人事に役立つメルマガ(週1回程度)を配信いたします

    *は入力必須項目となります。

    企業名*
    氏名*
    メールアドレス*

    下記は、企画内容とテキストのご紹介です。
    ※当社、「新人研修営業資料」と、「社会人の自覚研修」のテキストより抜粋

    ※当社「ビジネスマナー研修」・「ビジネススキル研修」テキストより抜粋

     

    2)管理職研修
    市場調査を行い、お客さまと共に創っていきました。
    コロナ禍により、管理職の負担・負担感はより一層高まり、また今までの管理職では通用しないという状況が生まれています。
    そのため、withコロナ(困難)を乗り越えるチーム創りを、管理職が行うための研修を開発しました。
    自チームの変革を体感できるように、パルスサーベイ”Oar”を開発し、連動も図っています。

    詳細を知りたい方は、「困難を乗り越えるチームを創る管理職の育成」より、資料をダウンロードください。

    ■資料:「困難を乗り越えるチームを創る管理職の育成」

      下記フォームより必要事項をご入力の上、送信してください。
      ご入力いただいたメールにダウンロードURLが届きます。

      ※同業者からのお申し込みはお断りしております
      ※ご入力いただいたメールへ、人事に役立つメルマガ(週1回程度)を配信いたします

      *は入力必須項目となります。

      企業名*
      氏名*
      メールアドレス*

      下記は、企画内容とテキストのご紹介です。
      任意の名前
      ※「管理職のリーダーシップ開発プログラム」の営業資料より抜粋

      任意の名前
      ※「管理職のリーダーシップ開発プログラム」のテキストより抜粋

      3)社内ファシリテーター育成ワークショップ
      現在お客さまと共に開発し、納品しております。
      コロナ禍をチャンスと捉え、本気で組織変革を行っていくサービスになります。
      こちらは、まだ正式な営業資料はございませんので、興味がある方はぜひお問い合わせくださいませ。

      任意の名前
      ※ 「社内ファシリテーター育成ワークショップ」の企画書より抜粋

       

      任意の名前
      ※ 「社内ファシリテーター育成ワークショップ」のテキストより抜粋

       

      ■人事・経営者の人材開発を学ぶための対話の場・コミュニティ創り

      当社は、20年にGrowthというパルスサーベイを開発しました。パルスサーベイには、陥りがちな課題があります。
      任意の名前
      ※ 「Gorwth 説明会」資料抜粋

       

      右記の課題に対して、アーティエンスのパルスサーベイ“Gorwth”は、抑えたいポイントをすべて対応しておりますが、3点目の「結果の活用方法が分からず、放置してしまう」というものに、とても力を入れています。

      自社のGrowth結果を持ち寄り、企業を超えて対話する場「Growth Meeting」という人事・経営者・育成担当者のコミュニティを開催しております。若手・新入社員育成に関する課題や施策の共有、現場へのフォローアプローチなど対話を通して、自社でできる取り組みを見つけていただいております。

      これまでのGrowth結果とGrowth Meetingの様子は下記より御覧いただけます。

      Growth結果レポート4月 
      Growth結果レポート5月
      Growth結果レポート6月 
      Growth結果レポート7月

      ■当社のナレッジ・ノウハウの情報公開加速化

      「経営者・人事向けオンラインセミナーの実施」「コラムによるナレッジ・ノウハウの情報提供」を、コロナ禍になり行うようになりました。

      昨年は「経営者・人事向けオンラインセミナーの実施」は多くのお客様にご提供できました。
      ただし、「コラムによるナレッジ・ノウハウの情報提供」は私たちのライティングスキル・リソース不足により、2020年10月~2021年3月の6カ月間で12コラムのみの作成となり、なかなか発信ができない状況でした。

      本年度からは、仕組みを見直し、PDCAを回し、2021年4月~8月の5カ月間で17コラムの作成を行い、社員一丸となって、お客様へのナレッジ・ノウハウ提供を加速していきました。
      コラムの詳細は、下記の画像をクリックしてご覧くださいませ。

      任意の名前

      なお本日から、当社の研修テキストの一部から作成した人材開発・組織開発ツールや、調査レポートなどをお役立ち情報やノウハウ資料を公開・無料ダウンロードいただけることになりました。是非、日々の業務にご活用いただければ幸いです。

      現在提供しているものは、下記になります。

      ・【Growth結果レポート7月】新入社員のパフォーマンスを上げる'対話'とは?数値からひも解く
      ・チーム学習を促すための振り返りツール
      ・管理職が心理的柔軟性を高めるためのリフレクションツール
      ・テレワークであっても、OJTを活性化させる3つのポイント

      今後は、新入社員育成企画フォーマットや、社内講師育成資料などを提供していく予定です。
      下記の画像をクリックして、ぜひご覧下さいませ。
      任意の名前

       

      2)組織面でのチャレンジ

      2020年度、組織面では、

      ①オフィスを手放す
      ②対面による打ち合わせを手放す
      ③評価を手放す

      にチャレンジしました。

      全てが素晴らしいチャレンジとなり、アーティエンスの組織変革が進みました。

      ※ 詳細は、2021年の新年のご挨拶で、ご確認くださいませ。

      ◎「評価を手放す」に関しての追加
      当社は現在メンバー自身で自身の給与を決めています。現時点ではとてもワークしています。メンバー自身が当事者意識・主体性を、さらに持てるようになりました。具体的な意見としては・・・

      【ポジティブな意見】
      ●自身の生き方や、自身がアーティエンスとどう関わっていきたいのかを改めて考えることができた
      ●日報や週次会議、月一の1on1、四半期の成果貢献報告会など、自身の成果・貢献・チャレンジを自他共に認める機会が定期的にあり、もっと学んでいきたいと思う機会が増えた
      ●業界の給与水準、アーティエンスの財務状況などもオープンに見せてもらえるので、安心した
      ●よりアーティエンスの未来を考えるようになった
      ●自分自身も、アーティエンスも大切にしたいと思った

      【ネガティブな意見】
      ●給与を決めることに対して負担感もあった。覚悟を問われているように感じた
      ●給与に見合わない仕事をしていると感じると、とても辛くなるのではないだろうか?

      さて、前置きが長くなりましたが、現在チャレンジしていることを、共有させていただきます。 

      ■MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の再定義

      当社は、MVVを、2013年、初めての新卒を採用したタイミングで一度変更しています。
      変更した経緯としては、新卒で研修サービスを販売することはなかなか難しく、ブランディングに力を入れていこうという話になりました。あるブランドコンサルティング会社の方に相談したところ、MVVから考え直す必要があると言われました。
      今振り返ると、その時にMVVを変更したのは、当社の失敗だと思っています。ブランディングへの意識が強く持ち創ったことから、想いが弱まり、形骸していきました。

      分社化・コロナ禍で、当社は大きく変わりました。この機会を大切にして、もう一度想いの入った経営理念を創ろうと、皆で話し合いました。

      そして、本格的に今年の3月から、毎月一回社員全員で対話をしています。当社のパートナー講師でもある方にファシリテーターを依頼し、作成中になります。

      遅くても年内には、みなさんにお伝えできると思います。

      ※ MVV再定義MTGのダイアログメモ
      任意の名前

      任意の名前

      ■働き方の多様化の促進

      アーティエンスは、「オフィスを手放す」、「訪問を手放す」という決断を下しました。そのことにより、一番うれしかったことは、2014年度新卒として入社したメンバーが、当社に復帰したことでした。

      彼女は、パートナーとの結婚を機に、福岡に行くことになりました。それが、2017年3月のことです。当時、大切な仲間が退職することはとても残念でしたが、彼女にとって結婚が素晴らしい未来と今を創っていくものになりますので、みなでお祝いして送り出しました。

      そのような中、2020年の年末に、彼女から連絡があり、アーティエンスが完全テレワークなら、復職させてほしいという話がありました。現在、彼女は福岡に住みながら、アーティエンスのメンバーとして共に働いております。

      そして、彼女の復職は、彼女の元同僚の参画にもつながりました。彼女も福岡在住のメンバーです。

      今のアーティエンスには、物理的な距離は関係なくなっています。ただし、チームとしては、とてもワークしています。どのようにチーム力を高めているのかについては下記コラムで、当社のチーム創りの話もしております。

      テレワークだからこそ求められる管理職の'チームの心理的安全性'の創り方

      ■越境による学習機会

      アーティエンスでは、月に一度の勉強会をしています。
      今まで社内のみで行っていたものを、お客様や外部パートナーの方にも気軽にご参加いただき、これからの人材開発・組織開発を、フラットに学び合う仲間として、ご一緒しています。

      参加者の多様性が高まると、学びの質も高まっていき、毎回、新たな気づきや発見がある、楽しく学べる場になっています。

      9月以降の勉強会のスケジュールや内容は、下記の通りです。

      【スケジュール】
      ●09月 29日 (水曜日)⋅13:00~14:30   : コロナ禍において、OJTはどう変わったか?
      ●10月 21日 (木曜日)⋅10:30~12:00 : テレワークでも効果的な1on1とは?
      ●11月 : これからの評価制度とは?ジョブ型は本当に正しいのか?
      ●12月 : withコロナで求められる管理職像とは?
      ●01月 : VUCAにおいて、プレイングマネージャーは、本当に悪なのか?
      ●02月 : テレワークでオンボーディングは、どのように扱うのか?
      # 内容は予告なく変更される場合があります。

      【9月の勉強会のテーマ】
      コロナ禍においてOJTは、どう変わったか?

      【日時】
      09月 29日 (水曜日)⋅13:00~14:30

      【事前課題】
      下記ページをお読みなって、「きづき・発見」と「もやもや・よくわからないこと」をJamboardに記載します。

      ・事前課題URL :
      テレワークによる環境変化、OJTの役割はどう変わる?

      テレワークで高まる育成担当者(上司・トレーナー)の重要性。人事は何をすべき?

       

      【当日の進め方】
      ・チェックイン
      ・事前学習での気付き・不明点のシェア
      ・ダイアログ
      ・チェックアウト

      ご興味がある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。アーティエンスとのお取引がある方は基本的にご参加いただけますが、お取引がまだない方に関しては、私たちの勉強会とマッチするかの確認をさせていただければと思っています。具体的には、メールでいくつか質問をさせていただく、もしくは20分程度の対話をさせていただきます。

       

      3)今、私たちが感じること・想うこと、そしてみなさまへのお礼

      この一年は多くの困難もありましたし、さまざまな環境変化に戸惑うこともありました。

      このよう状況であっても、私たちが変化を恐れずに、この一瞬一瞬を大切にできたのは、社内社外問わず、素晴らしい仲間に恵まれてるからだと思っています。

      その仲間と共に、さらにこの激動の時代から多くのことを経験し、学び、成長していきます。

      素晴らしい未来を創っていくためにも。

      最後に、11周年を記念して、みなさまにお礼を兼ねて、下記をプレゼントさせていただければと思います。
      10周年時にプレゼントをしようという話が出ておりましたが、コロナ禍の混乱により実施ができませんでした。

      そのため本年度実施させていただきたいと思っています。

      ●当社パルスサーベイGrowth(新入社員向け)、Oar(管理職向け)の3カ月間無料提供
      ●システム図作成による自組織の課題解決策の考察 (先着5社まで)
      ●2022年3月3日実施、OJTトレーナー研修公開講座を、10名まで無料ご招待(1社2名まで)

      皆さまと共に、素晴らしい組織を共創できればうれしく思います。

      引き続きアーティエンス株式会社を、よろしくお願い申し上げます。

        

      アーティエンス株式会社 社員一同


      関連する記事

      HOMEコラム・レポート > 多くの役割と重い責任を抱えている管理職が組織変革を促すために必要な3つのポイント【オンライン/無料/参加特典あり】