HOMEコラム・レポートそれぞれが「主体」になる研修
ー株式会社CBホールディングス様

それぞれが「主体」になる研修
ー株式会社CBホールディングス様

  • 育成・OJT

任意の名前

概要

企業
プロフィール
1999年設立。医療・介護従事者/医療・介護機関様向けに、コンサルティング事業、キャリア支援事業、経営支援事業、ニュース配信事業、宣伝広報支援サービス事業など、幅広く提供。(2017年4月1日付で社名を「株式会社キャリアブレイン」から、「株式会社CBホールディングス」に商号変更)
課題 現場とOJTトレーナーとの認知の差が生じやすい環境。
実施内容 OJTトレーナーへ2日間のOJTトレーナー研修をご提供。そのうち1日間(フォローセッション)は、新入社員との合同で実施。また、新入社員へ社会人としての基本研修と共に、組織ビジョンの理解と浸透を促す新人研修も実施。
効果 OJTトレーナーが主体的になった。会社、OJTトレーナー、新入社員との意思疎通が積極的に図れるようになった。

担当者の声

サービス導入で実現したかったこと

以前より、現場とOJTトレーナーの間で認識の差が生じやすいことに対して問題意識を持っていました。そこで、会社のステージが大きく変わるこの機会に「ビジョンを会社全体で共有したい。現場とOJTトレーナーとの認識の差を無くしたい」と考えておりました。

アーティエンスを選んだ理由

アーティエンスさんは会社のステージに合わせてストーリーを描いて提案してくださいました。他者さんの提案は元からある型に私たちの会社を当てはめるような研修であったので、アーティエンスさんは会社に合わせて研修をカスタマイズしてくださる点が助かりました。また同業他社の企業と比べると、OJT研修を新人研修と合わせてできたというところが良かったです。
アーティエンスさんは私たちの実現したい想いを叶えてくれました。それが一番だったように思います。ヒアリングがとても良くて、素晴らしいと感じました。弊社のことをすごく理解してくれたと感じています。

サービス導入の感想

OJTトレーナー研修を行ったことで、会社と意思疎通が図れたように思います。トレーナーそれぞれの持つ新卒への意識も変化したように感じていて、例年よりも良いと思います。
今までは「やれと言われたからやる」的な受け身の姿勢がOJTトレーナーに見受けられると感じていたのですが、アーティエンスさんの研修を通して「自分の指導が会社のためになる」「自身の成長につながっている」と考えられるようになったと感じます。
また、研修ではお互いの想いを伝え合えたことに感動した子が多かったみたいです。普段の業務では緊張で伝わらなかったことも伝えられたようです。
研修を通して新卒もOJTトレーナーと意思疎通を図れるようになりました。会話量も多くなりましたし、以前と比べてコミュニケーションが非常に取れていると聞いています。社員間の距離が近くなったことで普段の営業活動がしやすくなり、社内でもOJTトレーナーに気になることを言いやすくなったようです。

研修以降、若手社員間の関係性も良好である印象を受けています。支社の若手メンバーで旅行へ行ったり複数名で土日に車で何時間もかけて出かけたりなど、アーティエンスさんの研修の効果が目に見える形で表れています!

 

受講者の声

研修を受ける前の状態

自分がどこまで社会人として通用するのかワクワクとした気持ちと、厳しい研修だと聞いていたので不安な気持ちの両方がありました。足りない部分が多いと感じていたので、できるだけ多くのことを学びたいと思い研修に参加しました。

研修中の感想

自分の考えの未熟な点がどんどん出てくるな、という感じでした。
 特に「コスト意識」の研修では苦戦しました。自分が経営者になりお金を動かすロープレで、「実際にどれだけ社員一人にお金(コスト)がかかっているのか、いくらの売り上げを立てれば会社が黒字でいられるのか」ということなどを経営者の視点から経験をすることで自分が働いてかかるコストを理解することができ、会社が存続できる難しさを身に染みて感じました。

研修後の状況

「+α」の仕事をしなければならない、と意識・行動が変化しました。
 お客様に依頼された仕事をこなしていてもそれは「当たり前」であるので、お客様を感動させ、長いお付き合いをさせていただくには「メニューにないこともプラスで提供する」ということが重要なのだと感じるようになりました。実際に働く中で、研修で学んだことを生かせていると感じています。


関連するセミナー

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに完全無料のセミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

★若手の早期離職に課題がある方必見★「気付いたら手遅れを防ぐ!」若手・新人の自律を育む、タイムリーなフォロー施策とは? 無料

オンライン(ZOOM):2021年10月7日(木) 13:30-14:30
  • 新入社員向け
  • 育成・OJT

在宅勤務の急増で、人事や育成側が若手・新人の状況をタイムリーに把握し、フォローする難易度が増しています。また、若手・新人自身も周囲からサポートを受けることが難しくなったため、自律(セルフマネジメント力)の強化が重要です。
本セミナーでは若手・新人のセルフマネジメント力を高め、タイムリーにフォローを行うことで早期離職の防止と活躍の促進を図るポイントを、事例を交えて紹介します。

関連する記事

HOMEコラム・レポート > 多くの役割と重い責任を抱えている管理職が組織変革を促すために必要な3つのポイント【オンライン/無料/参加特典あり】