HOMEコラム・レポート > 「ネット依存症」について

「ネット依存症」について

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション

コラム :トガくんの覚書


このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、若者を中心に患者数が増加している、
「ネット依存症」を明確にしたいと思います。

【定義】

この症状にはいろいろな呼び方(ネット依存症、インターネット依存症、
ゲーム依存症、携帯依存症、スマホ依存症など)があります。

友達とのつながりを強く求める傾向があり、強迫観念があって、
メールにはすぐに返信しないといけない、既読となってるのに返信しないのは失礼だ、
既読になっているのに返信がこないため不安で何度も携帯をチェックするなど
精神的に不安定な状態となってくると、さらに携帯電話やスマホ、
パソコンを手放せない状態になっていきます。
(ネット依存治療の専門病院 大石クリニックHPより)
 
 
【考察】

現状は、高校生~大学生に多く見られるようですが
どんどん幼少化する可能性があると思います。

現在の幼児や小学生は、生まれたときからパソコンもスマホもあります。

遊び方もネットを介したものが多く、生活の一部となっているため
依存度が高くなっても不思議ではありません。
 
 
【結論】

いまのところ、そこまで重度な受講者とはお会いしたことはありませんが
スマホにおいては、その片鱗を見ることが多々あります。

休憩時間はずっとスマホをいじっている、
注意されるまでテーブルの上にスマホを置いて常に確認している等。

業務上も便利なものですが、今後の新入社員においては
少し注意して確認したほうが良いかもしれません。


新入社員向けの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【オンライン/無料】テレワークにより高まる上司・トレーナーの影響力 ー現場育成を活性化するために人事ができることとは?ー 無料

オンライン(ZOOM予定):2020年12月22日(火)13:30~15:30
  • 新入社員向け
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

テレワーク下での若手・新入社員育成に迷っていませんか? 現場育成に生まれた4つの課題意識を基に、人事としてどのようなフォローができるかを共に考えませんか。

【オンライン/無料】With コロナでも活躍できる新入社員を育てる ―今、新入社員に必要なセルフマネジメント力とは- 無料

オンライン(ZOOM予定):2020年12月11日 13:30~15:30
  • 新入社員向け
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

働き方が変化するなか、新入社員の育成をどのようにすべきか迷っていませんか? 新たにうまれた課題とその原因を踏まえ、次年度の新人育成ポイントをお伝えします。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

【無料/オンライン】優秀な若手ほど辞めてしまう会社で何が起きているのか ー中堅・中小企業の未来をひらくために必要なアプローチを考えるー 無料

オンライン(ZOOM予定):2020年12月15日 13:30~15:30
  • 育成・OJT

やっと採用できた新入社員が活躍し、 “いよいよこれから”というときに辞めてしまう。 そんな経験ありませんか? 他社事例とみなさんの想いを基に、 貴社の若手社員が長く働くためのアプローチを共に考えませんか?

"「ネット依存症」について"に関連するサービス

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

ビジネススキル研修

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

HOMEコラム・レポート > 「ネット依存症」について