HOMEコラム・レポート > 既存社員の「常識」が、通用しない新人がおりまして・・・

既存社員の「常識」が、通用しない新人がおりまして・・・

  • 新入社員向け
  • 営業
  • 育成・OJT
  • マネジメント

【お悩み内容】

当社は女性向けのファッショングッズや小物を生産、販売しています。

そんな企業のため、華やかな印象の女性社員は多いのですが、
一年目の女性社員に対しては、疑問があります。

仕事に来ているとは思えないくらい、ものすごく派手なことです。

爪が非常に長く、ダークカラーでアートが施されている、
黄色や赤のつけまつげをつけている、
洋服は「どこの民族??」と思うような、何とも形容しがたい服装です。

外回りではないため、お客様に対しての影響はあまりありませんが
「面接のときは、好きな格好でいいと言われました!」
と開き直る態度にもイライラします。

いくら自由度が高い会社とは言え、節度が必要だと思うのですが…

ちなみに職種は経理で、仕事はそれなりにできます。
 
 
【ARTIENCEの考え】

既存社員の「常識」が、まったく通用しないことはよくあります。
こういった場合に、論点として扱うべきは下記の2つかと思います。

1、パフォーマンス、成果へのネガティブ影響
2、会社としての基準

まず1は、一年目で「仕事はそれなりにできます」と言われているのなら
ネガティブ影響はないようですね。

次に2ですが、上司や他の方は何とおっしゃっていますか?
お悩みの中に情報がないということは、容認されているのでしょうか?

だとすれば、今回の件は「相談者の好みに合わないだけ」という
結論を出すこともできるかもしれません。

組織視点で「止めさせたほうが良い」と思われるのであれば
まずは社内で基準を整えることが先決かもしれませんね。


HOMEコラム・レポート > 多くの役割と重い責任を抱えている管理職が組織変革を促すために必要な3つのポイント【オンライン/無料/参加特典あり】