HOMEコラム・レポート > 新任管理職として、上司と部下の板挟みで悩んでいます

新任管理職として、上司と部下の板挟みで悩んでいます

  • リーダー
  • マネジメント

コラム :現場のお悩み相談


【お悩み内容】

この春、初級管理職(係長)に昇格しました。

そこから、上司(課長)と部下(メンバー)の
板挟みになり、悩んでいます。

私は比較的、本人に任せるタイプなのに対して、
課長はかなり細かい点にまで口を出し、
マイクロマネジメントをするタイプです。

多くのメンバーが私のやり方を好んでおり、
課長のやり方は窮屈でやりにくい、と反発を強めています。

課長としては、求められた以上の成果を出せていないメンバーが
マネジメント方法に口を挟むのは論外であり、
私が甘いからだ、と憤りを持っているようです。

課長との関係が最も悪かったメンバーについては、
私が間に入って、認識の摺り合わせをしようと試みましたが
共に譲らず、うまくいきませんでした。

最近は、課長への反発がさらに強まり、
個々人が好き勝手に動くようになってきています。
今のままでは、チームとして機能しなくなるのでは?
と心配です。

私としては、どちらの言い分も理解できるのですが、
どういった調整をすべきなのでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

係長として、メンバーから慕われていらっしゃるんですね。
人間関係を作れることは、管理職に求められる能力の一つですから
素晴らしいと思います。

ただ、現在の課題を根本的に解決するためには
個別でフォローしたり、調整することよりも、
もう少し大きな視点で捉える必要がありそうです。

真の課題は何でしょうか?
貴部に求められている役割は?
そのために必要な機能やシステムは?
そして、本当にあなたがすべきことは?

こういったところから、考えていく必要がありそうです。

その上で、チームとしてどう動いていくか?
を考えて、周囲を巻き込んでいくべきでしょう。

少し時間と労力がかかるかもしれませんが、
より大きな効果を生み出せると思います。
是非、頑張っていただきたいです。

アーティエンスでは、現場のリーダーを強力にサポートするための
セミナーをご用意しています。
下記インフォメーションをご参照ください。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

システムシンキングをつかった問題解決研修 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2020年2月14日(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • リーダー
  • マネジメント

システムシンキングとは、大局の流れを読みながら、 “全体”を的確に捉え、本当の問題の所在を明らかにする思考スキル。 本セミナーでは、システムシンキングの考え方を学び、 実際に使って、実務の場で起こりうる様々な課題・問題に 対処できる力を養っていただきます。 現場で部下を引っ張るチームリーダーから、 組織の現状や課題を明らかにしたい経営者の方まで、 複雑性を増すVUCAワールドの現代を生き抜くうえで、より重要性を増す必須スキルです…!

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

周りを動かす意思発信ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分以内):2019年11月15日(金)9:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

意思決定をできない管理職が増えているというお話を聞くことが多くなりました。 管理職の意思決定はインパクトが強く、今後の方向性を決める組織にとって大事なものであることは言うまでもありません。 ただ、管理職になってから、突然「意思決定をしてください」といっても、なかなか難しいのが実情です。 若手・中堅のうちに、しっかりと意思を持ち、発信する習慣を創っていきませんか。  本ワークショップでは、若手・中堅が、意思決定に積極的にかかわっていく大切さ、重要性、考え方を知り、 そして自身で考えた意見をチーム・上司へ発信し、チーム・上司の意思決定をよりパワフルなものにする方法を学びます。

"新任管理職として、上司と部下の板挟みで悩んでいます"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・リーダー研修・OJT研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための手法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

HOMEコラム・レポート > 新任管理職として、上司と部下の板挟みで悩んでいます